旅行

  • Sort Blog:
  • All
  • 北台湾
  • 南台湾
  • 東台湾

「観光」地震後の花蓮はどんな状況?

2018年2月6日台湾東部の花蓮で震度7級の地震が発生しました。日本でも大きく取り上げられていたようで、沢山の方から大丈夫?と連絡もらいました。寝ようとうとうとしていた時だったので、普段鈍い私もこの揺れにはさすがに気づき飛び起きました!台北は3級だったようですね。でも街は変わりなく次の日からも普通に生活してます。 ただ震源地の花蓮では観光客が激減だそうです。これから温かくなり花蓮への旅行にはいい時期ですが、大きな地震の後はやはり心配ですよね。。 先日(2月下旬)ちょうど仕事で花蓮に行って来ましたので、少しだけ現地の状況をお伝えします。   交通 台北から花蓮へ電車で行きました。地震直後は運行停止していましたが、今はダイヤの乱れもなく通常運行しています。   街の様子 場所によっては道路に亀裂が入っているところがあり、修繕工事をしているところを何度か見かけました。 倒壊したホテルは既に臨時の駐車場になっていました。 商店は通常に開店しているところが多かったです。   ホテル 私たちが立ち寄ったホテルでは地震後に専門業者に建物の検査をしてもらい、安全確認をしてもらったと仰っていました。気になる方はホテル予約前にホテルへ聞いてみるのもいいかもしれませんね。 太魯閣峡谷 今回は燕子口まで行きました。私は太魯閣に来るのは今回で3回目ですが、何度見てもその景色の壮大さに圧倒されます! 地元ドライバーさんのナビでここは歩いてもいい、ここは落石の危険があるため歩かない方がいいと教えてもらいました。燕子口付近でヘルメットを貸出しされていますので、歩く場合はヘルメットをかぶりましょう。 観光途中に危険な事はありませんでしたが、ドライバーさんによると、地震以外でも雨が降ったり、何かのきっかけで土砂崩れや落石があるそうです。地元の方やガイドさんにその都度状況を聞いて観光した方が良さそうですね。 まとめ 道路、鉄道、観光地、通常通りのようでした。地元の方達も普通に生活しているよーと笑顔を見せてくれ、観光客が少なくなったと残念そうにも話されていました。 地震はいつ起こるか分からないので、安全・危険は一概には言えないのですが、心配しすぎるほどでもないかなと思いました。その都度確認・判断して、花蓮を楽しんで下さいね! 花蓮加油!    ...

「食レポ」フレッシュフルーツでリフレッシュ【鳳冰果舖】

台湾の京都ともいえる歴史都市・台南。福原愛選手の結婚後、ますます注目を集めている(気候的にも)ホットな台南で、やっぱり新鮮な南国フルーツが食べたい!グアバにパパイヤ、マンゴー、ドラゴンフルーツ……もちろん市場で丸ごと買えば安いですが、ホテルに持ち帰って切るとなると手間ですし、せっかくなので台南特有のスローな空気に包まれながらのんびり優雅に味わいたいですよね! 今回ご紹介するお店は、大通りから一本入った通りにあるスタイリッシュなフルーツカフェ「鳳冰果舖」。クールビューティーな女性店主さんが切り盛りしています。       ドアノブの上に犬らしき動物が。「拉(引く)」にも遊び心を感じます。   メニューはフルーツシェイク、カットフルーツの盛り合わせ、フルーツかき氷にフルーツビールまで、とことんフルーツ尽くし。   店内にはテーブル席とカウンター席があり、筆者は窓際のカウンター席に座りました。かわいらしい観葉植物や三猿の置物など、店主さんのセンスとこだわりを感じるレイアウトに心和みます。     筆者が注文したのは、「金蕉苺妹(110 TWD)」。いちご、バナナ、ドライクランベリーが入ったフルーツミルクシェイクです。二種類のベリーの甘酸っぱさとバナナの濃厚な味わいに牛乳のまろやかさが加わって、口当たりなめらかかつ後味すっきり。美味しいだけでなく、美容にも良さそうな一杯です。     お店から旧跡「赤嵌楼」まで徒歩1~2分ほど、また台湾B級グルメのお店で賑わう「水仙宮市場」や、かつての繁華街が芸術区として生まれ変わった「海安路芸術造街」、「神農街」へのアクセスも良好です。店内奥の書棚には台南関連の書籍や台湾グルメ紀行など「旅」と「食」に関する本がたくさん置かれているので、新鮮なフルーツで涼をとりつつ旅行のスケジュールを立てるのも良さそうですね。         店舗情報 店名:鳳冰果舖 住所:台南市中西區新美街183號 電話番号:0911 686 713 営業時間:11:00~19:00(火定休) Facebook:https://m.facebook.com/feng.icefruit/     取材・執筆:Mayuko...

「食レポ」日々の食卓を彩るバターの香り【奶油麵包】

  台北駅から台鉄特急列車で約一時間半、宜蘭県最北端に位置する頭城鎮を訪れました。周りを海と山に囲まれ、素朴でどこか懐かしい雰囲気に包まれたこののどかな町は、実は宜蘭県の中で最初に開発が進んだ地域でもあります。   台鉄頭城駅外観     台鉄頭城駅を降りて老街(古い町並み)に向かう途中、ふと目に飛び込んできた「奶油麵包(バターブレッド)」の看板。緑色の軒とウッディな店構え、そして何よりその店名に心惹かれ、迷わず入店しました。   店舗外観。「本日のメニュー」などの書かれたボードが設置されています。     ドアを開けた瞬間にふわりと鼻をくすぐる焼きたてパンの芳醇な香りに、思わず顔が緩みます。木の温もり溢れる店内の手前にはテイクアウト用のパンが並ぶテーブルと雑貨販売スペースがあり、中央がイートインスペース、奥に会計カウンターとケーキのショーケース、厨房という配置になっています。 キョロキョロと店内を見回していると、厨房から「歡迎光臨(いらっしゃいませ)」と明るい声が聞こえ、視線を向けた先に現れたのは、意外にも欧米系の顔をしたお兄さん、もといニュージーランド出身のダニエルさん。英語、中国語に堪能で、日本語も少し話せるというダニエルさんに、「お好きな席にどうぞ」と案内され、四人で訪れた筆者たちは、靴を脱いで座る広めの席を選びました。     店内カウンター。       豊富なメニュー。ドリンクメニューはフードメニューの裏にあります。     ショーケースに並ぶ美しいケーキたちに思わず目が釘付け。     迷いに迷って注文したのは、「中東佛拉佛堡(ファラフェルサンドイッチ)」。自家製ファラフェル、ピクルス、生野菜、アボカドソースを、味わい豊かなミックスシードブレッドでサンドした、ヘルシーながらもボリューム満点のサンドイッチです。こちらは動物性食品不使用なので、ヴィーガンの方も召し上がれます。 パンは噛み応えのあるハードタイプで、表面にふんだんにちりばめられたミックスシードと中から溢れんばかりの具が、絶妙なバランスでマッチ。ビッグサイズですが、食べ切れなかった分はテイクアウトすることもできます(ちなみに筆者はペロリと平らげました)。 友人が注文したミネストローネスープがあまりにも美味しそうだったので、こちらも追加オーダー。トマト、にんじん、たまねぎなどの野菜がごろごろ入った具沢山のスープに、自家製パンがトッピングされています。     サンドイッチの断面はこんな感じ。   スープもつけて栄養満点。     食事の後、ダニエルさんにお店についてお話を伺いました。 お店の正式名称は「奶油麵包 The Bread & Butter Bakery」で、今年6月にオープンしたばかりだそう。店名の由来を訊ねると、次のように答えてくれました。「欧米人にとって、毎日の食卓に欠かせないパンとパンを作るためのバターは、生活の必需品。つまり、『生きる糧』という意味です」 パンを作っているのはダニエルさんのガールフレンド、黃乃容さん。「奶油(バター)」は、実は黃さんのニックネームでもあります。欧米人の生活にバターが必要不可欠であるのと同じように、黄さんはダニエルさんにとってかけがえのない存在。……ひょっとすると、店名にはそんなロマンチックな意味も込められているかもしれません。   器などの販売スペース。ラインナップが渋い。   石からできた石みたいな石鹸。 石鹸くん「石鹸だよ。手を洗うのに使ってね」   Facebookページにチェックインすると、クッキーがもらえます!         近所にあったら通いたい、温かくてカジュアルなお店です。定休日が多いのでややハードル高めですが、宜蘭に訪れる機会があればぜひ立ち寄ってみてくださいね。     店舗情報 店名:奶油麵包 The Bread & Butter Bakery 住所:宜蘭縣頭城鎮民峰路6-5號 電話番号:039772029(台湾) 営業時間:土~火 9:00~21:00(水・木・金定休) HP:https://bread-butter-bakery.blogspot.tw/   取材・執筆:Mayuko...

「連載」世界一周した夫婦が台湾を選んだ理由①

~世界一周からの台湾の魅力再発見という遠回り?!~ 夫婦2人、新婚旅行での世界一周。 もうすぐ出発という頃、どうして世界一周なんてしたいのかといろんな人に聞かれました。 その時はうまく答えられませんでしたが、今になって思えば両親が台湾出身であったことと切っても切り離せないように思います。 家族間で北京語・台湾語・客家語・日本語が飛び交う中で育った私は、幼少時代から周りの人たちが日本語しか話していないことに少なからず違和感を覚えていました。 次第に自分の意識は日本の外へと向かってゆきます。 結婚して、これからどこで生きていくのか。 どのように周りの人たちに貢献していくのか。 結婚して、これからどこで生きていくのか。 どのように周りの人たちに貢献していくのか。 そのような答えを探るために、私にとって世界一周は結婚生活をスタートするに当たって、どうしても必要なことでした。 幸いにも、もともと海外旅行好きだった妻・七重さんも大賛成してくれて、いざ出発。 最初の行き先は台湾。 もう何年も台湾に行っていなかったことと、まずは慣れ親しんでいる国から行ってみようと思ったのが理由です。 この時の一ヶ月間の滞在が自分にとっての転機となりました。   何度も言っていた台湾。 けれども、いつもとはまるで違う。 それは初めて親を伴わずに滞在する台湾であったということ。 両親が台湾出身とはいえ、日本の公立学校に通った私は北京語がカタコトで何とか通じるというレベルです。 七重さんはもちろん全く話せないため、何とか私がコミュニケーションを取っていくことになりました。   それまではいつも親が誘導して、連れて行かれるといった雰囲気の滞在でしたので、今までとは全く違います。 初めての主体的な台湾旅。 でも、これが本当に楽しい!! いつも言葉が通じるか通じないかドキドキ。 そして通じたときの喜び。 さらに通じたときの台湾の方々の「北京語、上手だね~」というお世辞(笑) 思えば七重さんの前で北京語を話すというのも、この時が初めてでした。 台湾の魅力。 そういえば、今までそんなこと考えもしていませんでした。 ただただ親の言われるがままに連れ回されるだけでしたので。 でも何てことはない、特別なことはしていないのに、そんな風にカタコトで苦戦している毎日が楽しくて仕方がありませんでした。 それはもちろん台湾の人たちの魅力ゆえのことです。 台湾人の人柄が素晴らしいと日本の方々は口を揃えますが、あまりそんな風に感じたことはありませんでした。 両親が台湾出身であるので、客観的に見ることができなかったのかもしれません。 けれども頼りないカタコトで回る台湾旅の中で、そのような魅力を再発見することになりました。 食べものも安くて美味しい!! ちなみに七重さんは、台湾の次に行ったアメリカ・ラスベガスでサンドイッチを食べながら「高くてまずい」と泣いていました(笑) 今、私は日本で台湾の魅力を広める活動をしています。 とても幸せに感じられる時間です。 結局、台湾のことに関わるのなら世界一周なんてしなくても良かったんじゃないか。 そんな声も聞こえてきそうですが、それは違います。 世界一周したからこその台湾なのです。 他のどこでもない。 日本と台湾の方々に貢献したい。 その決意を抱くことができたのは、世界一周というプロセスを経たからです。 一見遠回りに見えるようなことでも、私にとっては必要なことでしたし、この道のり以外ではたどり着くことができなかったと思います。 この連載では私や七重さんが台湾で遭遇した、感動したことや面白かったことなどを中心にご紹介していきます。 短い旅行の間だけでは、なかなか知ることのできない台湾の方々の魅力。 そして実際に暮らしてみて気付いた日本と台湾とのギャップなど。 次回もお付き合い頂けますと嬉しいです。 どうぞよろしくお願い致します。...

「旅行記」烏来 御温泉★美肌の湯でお肌ツルツル

台湾は今日からとても寒くなり、温泉がピッタリの季節になって来ました~ 台湾には、台北市からのアクセスも良い、北投温泉や烏来温泉があるので、日帰り温泉も観光ついでにお勧めなんです。     日本人にとっては入浴は日課。 台湾での毎日シャワー生活に、やっと慣れてはきましたが、寒くなるとやっぱりお風呂や温泉が恋しくなります   今回ご紹介する、新北市烏来にある「御温泉」は烏来老街に向かう、温泉街の一番手前にあります。 黄色い看板が目印ですよ~ 一見あやしい!という感じの看板ですが、空いている近くの温泉がなかったので、いざ行ってみると、貸切風呂以外にもマッサージやスパのサービスもあり、清潔感もまずまずあります 中に入ると、まずロビーとカウンターがあります。 料金はこちらです。 平日と休日の料金が異なりますので注意です 何度も来たい方は、お得な5回分の回数券なども販売されていました! 私は休日利用可能な、個室風呂回数券(3,000元)を購入しました。   支払いを済ませた後、おばちゃんが説明をしてくれます。   ①まず、個室の鍵をくれます。 ②時間は90分間となります。(混み合っていないときは何も言われないです。) ③温泉はカウンターにあるスイッチで操作するので、自動でお湯が入るとの事。 ④また何か緊急な場合、個室内にある電話で「9番」を押すと、直接ロビーに電話がかかるとの事でした。 とってもシンプルですが、窓もあるし(台湾の貸切風呂、窓なしも多いです!)ひろびろ~。 バスタオル2組、シャンプーリンスー、お水2本、電話、ドライヤーが置いておりました。 そしてとっても感激なのが、ジャグジー風呂~ 毎日座りながら仕事をしているので、肩こりがひどいSASA。 ジャグジーで幸せ。。。 こちらの温泉は、弱アルカリ性重炭酸案ナトリウムの重曹温泉PH値6.9。 美肌の湯といわれているだけあって、入った後はお肌がツルツルです! また匂いはありませんのでご安心を。 今回はお料理をいただくことはありませんでしたが、温泉に入った後は2階で大自然に囲まれながら、 旬の食材を使った季節の健康料理をいただくことができるようです。 台北近くでリーズナブルな温泉を楽しみたいという方に、お勧めの温泉でした。   烏來御温泉養生会館 住所:新北市烏來區忠智里成功2號 電話:02-2661-6208 営業時間:月~日  7:00~02:00 (最終受付 00:00) アクセス:MRT新店駅から新店客運849のバスに乗り、成功駅下車 HP:http://www.skylifespring.com.tw/...

『台南』旅.日.人 日本風民宿

台南ではここ数年で古民家をリフォームした民宿が増えており、台南観光に新たな風をもたらしています。 民宿に限らず、藍晒圖や海安街藝術造街、百貨店なども次々と新装開店を行い、改装がブームとなっています。 台南と日本との繋がりはどこにあるのでしょうか? 台湾らしさに溢れる台南は、美味しい食べ物、伝統的な建築、温かい人柄など、台湾というこの島を代表する都市です。 ところが、台湾色の濃厚なこの土地に、日本の精神をそのまま再現した特殊な民宿があるのです。 「旅.日.人」、日本風民宿。 早稲田での留学経験をもつJackさんが、築50年以上の古民家をリフォームした、特色ある民宿です。 広い交流スペース 民宿のロビーに入ると、日本建築の「素朴で懐かしい」雰囲気が感じられます。清潔で、ほこりひとつありません。宿泊客はこのスペースを自由に使うことができます。座布団と四角いちゃぶ台も大変日本らしいですよね! メッセージボード。自由にメッセージを残すことができます。 宿泊客どうしが自由に交流できるよう、客室にはメッセージ記入用紙が置いてあります。メッセージボードに貼ってあるたくさんのメッセージや写真から、みなさんの楽しい気持ちが伝わってきます! 日本が好きな人はぜひ書籍コーナーへ 交流スペースには日本関連の書籍が各種(旅行、飲食、生活など)置いてあります。もちろん「旅.日.人」を紹介している雑誌もあります。笑 宿泊すれば浴衣が選べる! 特殊ポイントのひとつ! 浴衣から草履まで、自分で好きなものを選ぶことができます。浴衣を着て街で台南の軽食を食べ歩きしたり、風情ある撮影スポットで「台日折衷」の写真を撮って記念にしたりするのもいいですよ。 日本の精神をさまざまなかたちで宿泊客に伝えようとしています。 清潔で素朴な和式2人部屋「愛あい」 客室は「愛」、「酒」、「金」、「旅」の4タイプに分かれています。またフローリング部屋と畳部屋の2タイプから選ぶことができます。どんな日本生活を体験したいかで選んでくださいね! 「旅.日.人」は1部屋の予約からフロア貸切や民宿まるごと貸切のプランも提供しています。家族や友達と一緒にお越しください。 客室/価格 客室の片隅 和風扇子、木製の椅子。飲料水のほか、ティーバッグやコーヒーも無料提供です。さらに「セルフペイメント式ドリンクサービス」(ボックスにお金を入れて飲み物を持っていくシステム)もあり、外へ飲み物を買いに行きたくないときに便利です。 日本住宅を模したトイレ トイレは日本とまったく同じ設計で、日本に住んだことがある人はきっと思わず笑みがこぼれるでしょう。台湾なので、日本の狭いトイレと比べてかなり広めです。 客室の写真をもう一枚 部屋はとても広く、Wi-Fiやテレビ、電源といった設備も完備されています。素朴ながら何でも揃っていますよ! 宿泊の際はマナーを守ってください 日本風民宿に宿泊する以上、日本人の礼儀とマナーを守らなければいけません!笑 環境、雰囲気ともに完璧に再現されているので、部屋に入れば自然と声も動作も静かになるでしょう。 台湾でも日本らしさの感じられる場所に泊まってみたいという人は、「旅.日.人」へ! ここでは単なる日本風生活にとどまらず、「日本の精神」まで感じ取ることができます。 『店舗情報』 店舗名:旅.日.人 日式民宿 住所:臺南市中西區民族路二段57巷9號 交通手段:高鉄…台南高鉄駅から台鉄「沙崙線」に乗り換え、台南駅で下車。所要時間約20分。/台鉄…台南駅から徒歩約5分。 予算:1泊1580新台湾ドル~ 筆者評価:★★★★(★1~5段階評価) 電話番号:(+886) 06-222-0859 ホームページ:http://tabinibito.com/ ファンページ:https://www.facebook.com/tabinibito/  ...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial