台湾ライフ

  • Sort Blog:
  • All
  • グルメ
  • ショッピング
  • 文化
  • 生活

【食レポ】台北信義区★大方冰品 「穴場かき氷屋」で、ビッグサイズのマンゴーかき氷を!!

夏になると冷たいかき氷を食べるというのが 台湾の恒例行事。 日本から来た観光客の方々も、必ずマンゴーかき氷を食べますよね? でも有名店はどこも大行列。   本日は、「地元民に愛さているお店」で比較的入りやすい、 穴場かき氷店をご紹介~。     MRT象山駅から徒歩で約15分ほどの場所にある 「大方冰品」は、 オレンジ色の目立つ看板ですぐに見つけることができます。   店内は40席ほどの大きさで、とてもきれいにされています。   こちらのお店扱っているメニューはローカルなかき氷、 「刨冰」(バオビィン)のほかに、 「豆花」、「プリン」、「仙草」、「薏仁湯」、「綠豆湯」など、種類も豊富で どれも食べてみたい台湾スイーツです。 まず、レジで注文を行い、 先にお支払いを済ませるという仕組みです。 (その場ですぐに作ってくれます。) まず必ず注文したいのが、   夏限定の芒果牛奶冰(マンゴーかき氷120元)   店員さんが大きなスプーンでどんどんマンゴーを盛り、 あふれるほどのマンゴーが上にのせられました   お店の名前「大方(太っ腹)」の通り、3人分はある大きさです。   マンゴーソースがかけられており、「黒糖ソース」も 追加でかけてくれます。(プラス料金無し) マンゴーもいいけど、「刨冰」(50元 ローカルかき氷)も 安くてとってもおいしいんです。   こちらは4種類のトッピングを選ぶことができます トッピングの種類はとっても多いので、迷ってしまいます。 ※写真に入らなかったトッピングもまだあります。。ごめんなさい。   ちなみにおすすめはこちら↓   ★粉圓(フェンユェン 黒タピオカ) ★芋圓(ユーユエン タロイモでできたモチモチな団子) ★粉粿(オァグイ ジャガイモの粉を使ったモチモチスイーツ) ★花生(ホァシェン ピーナッツ) こちらもほかの店ではみたことのないビッグサイズ! コストパフォーマンスが高いお店だとおもいます   このお店、テイクアウトも可能となります。 テイクアウトの時は注文の際に、 「外代(ワイダイ)」と言ってくださいね★   大方冰品 住所:台北市信義區信義路六段99號 電話:02 – 2726-0558 アクセス:MRT象山駅より徒歩15分 営業時間:11:00 ~23:00 ...

「旅行記」10月10日台湾の国慶日レポ

10月10日台湾は民国106年を迎えた。 10月10日は国慶日で7日・8日の土日と9日の飛び石が埋まり4連休でした。 7日には14日に予定していた総統府公開日を前倒し。 台北の総統府前で日中は様々はパフォーマンスが行われ、 夜の総統府では初の試みとなるプロジェクションマッピングを使った光のショーが開催されました。 横幅140メートルの総統府の建物と国慶節祝賀大会のために設置されたステージをキャンバスに見立て、 毎晩19時30分から30分ごとに6回のショーが実施され、地元民や観光客で賑わいを見せました。 ショーの内容は総統府を1888年に運転を開始した台湾の成長の象徴でもある 台湾初の機関車「騰雲号」から日本統治時代から戦後、 現代までの絶えず進化を続ける交通機関に姿を変えて物語をつづりました。 また、前半は台湾原住民16民族の冠のイメージ、後半は台湾客家人の花柄のイメージを融合させ、語り物音楽から伝統音楽の客家北管八音、 ジャズ、ロック、電子音楽まで様々なスタイルの音楽とともに光の投射を盛り上げました。 僕ももちろん実際に見たんですが、沢山の人たちで盛り上がっており、マッピングもとても素敵でした。 さ、そんな総統府。ここは台湾の政治の中心です。 そんな、名誉ある建物、実は日本人が設計したってご存知でしたでしたか? 今日はそんなちょっと歴史について記事を書いてみたいと思います。 正式名称は中華民国総統府といい日本統治時代の1919年に「長野宇平治氏」によって設計され 台湾総督府として利用されてました。 第二次世界大戦時にはアメリカ軍により建物が大きく損傷。 その後台湾へ進駐していた中華民国政府が修復し、1948年に復元されました。 1949年、国民党が国共内戦の際、中国より追われる形で台湾に中華民国の首都機能を移転。 以降、中華民国の総統府として利用されるようになり、 現在は文化資産保存法により国定古蹟として登録されています。 なんと、上空からの建物を見ると日本の「日」のように見えるんです。 このように西門紅楼や迪化街・本願寺台湾別院、台中市にある台中駅などなど現在でも台湾では 日本統治時代に建設されたものが今でも多く残っており、今現在も台湾人の生活の拠点や の憩いの場、施設として多く利用されています。 台北をはじめ台湾には日本と台湾のつながりを感じる場所が様々あります。 ぜひ、台湾へ来た際は両国ゆかりの地を回って、その歴史背景に触れてみるのはいかがでしょうか。 そんな今回紹介した総統府の観光情報です。 住所:台北市中正区重慶南路一段122号 アクセス方法:MRT「台大医院」駅出口1を出て公園路を南下し、次の通りで右折して直進した突き当たり。 休業日:土日 見学方法:平日の午前9時から12時(最終受付は11:30))無料で内部見学が可能。 日本人には日本語ガイドが案内 入館には身分証明書(外国人はパスポート)が必要。 自由見学は不可で、全行程ガイド同伴による見学となる。 月に一度(主に第二日曜)「全館開放日」が設けられており、その日は自由見学が可能 基本的にはカメラ等での撮影は禁止。ただし全館開放日は撮影は可能。 全館開放日は公式サイトをご覧ください。 総統府HP...

【食レポ】台北 信義区 洪瑞珍三明治專賣店★台湾の人気ローカルサンドイッチ店

こんにちは!SASAです MRT永春駅近くにある、レトロな看板のこちらのお店。 最近お店の前を通るたびに、ローカルっ子がひっきりなしに出入りしていて、とても気にはなっていたのですが、、。 なんと台中が本店の、超大人気サンドイッチ専門店であることを知り、夕方、人が少なくなった時にちょっくら行ってみました こちら1947年開業、台湾人なら知らない人はいない!というくらい有名な、老舗サンドイッチ店だそうです。 この日は、売り切れの商品も多く、看板メニューの「招牌火腿三明治(ハムサンド)」と「草莓起司三明治(いちごジャムサンド)」を買うことにしました。 ※常温で4時間以内、冷蔵庫保存で3日以内に食べてくださいとのことです。   まずは、 「招牌火腿三明治(ハム、チーズ、卵、)」(25元)からいただきます。 パンに薄くクリームとマヨネーズが塗ってあり、「卵焼き、ハム、卵焼き」と、パン4枚、3層の三角形になっています。 食パンはほんのり甘くしっとりで、なかなかやみつきになるお味でした。 「草莓起司三明治(いちごジャム)」(28元)です。 こちらは「イチゴジャム、チーズ、イチゴジャム」となっており、あまくてしょっぱい、初めて食べるお味 私的には原味のほうが好みでした。 冷蔵庫に入れておく場合は、取り出した後、20分常温に置くと、おいしくいただけるそうです★ 近くにあるお店もぜひぜひチェックしてみてください♪ Sasaのとっておき台湾~日本sasa在台生活 https://www.facebook.com/sasataiwan0122/...

【台湾美食in日本】
CoCo都可(ココトカ)

通りすがりにブラっと 今回はさらっと紹介したいと思います。(通りすがりに買っただけなので・・・)   全世界展開している台湾のCoco都可が日本進出! といっても私はこのお店知らなかったのですが・・・w 初めてなので、やはり王道のタピオカミルクティーを注文しました。 うん、台湾の味がそのまま味わえます!美味しい!!タピオカも大きくて満足です!!   大盛況 今年の2月にオープンということでしたが、平日の夕方に行ったのに結構並ぶほど大盛況でした! メニューもこれだけ豊富にあるので、今度渋谷に行った時には一品一品新しいものにチャレンジいていこうと思います!! 今回は軽めに紹介しました!みなさんもまだ行ってない方は行ってみてください!! お店の情報 ホームページ:https://cocofreshtokyo.amebaownd.com/ 住所:東京都渋谷区宇田川町29-3 渋谷センター街 交通手段:JR山手線「渋谷駅」から徒歩5分 営業時間:定休日なし 平日11:30〜22:00 土日祝 11:00〜22:00 電話番号:03-6455-0441...

【台湾美食in日本】彩茶房(さいさぼう)

世界に650店舗以上の「彩茶房」 吉祥寺で遊んでる時に偶然見つけました!   お店の名前は 「彩茶房(さいさぼう)」 吉祥寺の他にも、原宿と仙川にもあるようです。 吉祥寺には、「キラリナ京王吉祥寺」という駅ビルの地下1階にあります。     早くもマンゴーかき氷、やってました 季節限定メニュー始めたとあっては注文せざるを得ませんでした。 岩塩チーズも気になったのですが、やはりタピオカ入りのものを注文しました。 そういう少し凝ったものはまた今度。。まずは「タピオカ抹茶ミルク」。写真はこちら。 結構、しっかり緑色なので、「濃そうだなぁ〜」と思いましたが、飲んでみると意外にさっぱり! もちろんタピオカもモチモチしていて言うことなし!ミルクティーに飽きてしまったら、抹茶ミルクもあり! そしてついに出てきたマンゴーかき氷。 本場に比べると、量が控えめな感じはしますが、一人で食べるなら充分だと思います。 味は本場と変わらず!!もっともっと暑くなってから、もう一度食べに来たいですね。 一緒に来た台湾人の友達が注文したのがこれ。岩塩チーズ四季春茶。 少し分けてもらい味見をしましたが、美味しい!四季春茶は爽やかなのに、チーズと岩塩でアクセントが効いてます。 今度、これ丸々飲みたいですね。。 愛玉子(オーギョーチ)もありました!! すっかり台湾スイーツを満喫してしまいました!!! 都心から少し離れていますが、井の頭公園に遊びに来たり、ショッピングでいたらぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。   お店の情報(彩茶房キラリナ京王吉祥寺店) ホームページ:http://saisabo.com/ 住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-1-25(キラリナ京王吉祥寺地下一階) 交通手段:吉祥寺駅直結 営業時間:10:00-21:00(20:30L.O.)   電話番号:0422-24-7114...

【台湾美食in日本】三徳堂 銀ブラで行こう!!

三徳堂 台湾茶や台湾スイーツが楽しめるお店を銀座にも見つけました!   お店の名前は 「三徳堂」 東京メトロ銀座駅から徒歩3分で着きます。 1階は茶器などが売っている販売スペースで、2階がティールームになっています。 1階で注文をしてから2階に案内されます。窓際の席なら、銀座の路地を眺めることができます。 表通りから1本奥に入った道にお店があり、表通りとは違って落ち着いた雰囲気です。 お手頃なセットメニュー 正直、お茶だけをしっかり楽しみたい人にとっては、少し値段が高く感じられるかもしれませんが、セットメニューでしたら、1000円で、プーアル茶と台湾スイーツが楽しめます。私は豆花を注文しましたが、他にも「もち生姜黒蜜だんご」や「芝麻湯圓」とのセットもあります。これらはいずれも冬季限定のセットですが、5月下旬でも注文できました。ちなみに夏季限定のかき氷などは今年(2017年)は6月10日から始まるようです。 左はプーアル茶で、右が豆花です。 豆花のスープは印象的に生姜が効いていて、冬季限定メニューとだけあって、体がポカポカする暖かかったです。 プーアル茶も、アツアツ!5月下旬、外はすでに暖かかったので、ちょっと温まりすぎました(笑) 豆花は熱すぎず、豆腐もプリプリしていて美味しかったです。味も甘さ控えめでとても良かったです。 香りほのかなプーアル茶にも、とても癒されました。 こだわった器 またしても印象的だったのが、とくにプーアル茶が入っていた入れ物。デザインも個性的で、芸術的に引き込まれる何かを感じました。ちょっと、熱を通しやすく、正直持つときに手が熱かったですが、「器を楽しむ」というのは、他のお店ではなかなか楽しむことのできない体験だと思います。 孤独のグルメにも登場したお店だそうです。銀ブラの途中で、絶対に寄ってみたいお店です。 お店の情報 ホームページ:http://santokudo.jp/ 住所:東京都中央区銀座7-8-19 喜多ビル 交通手段:東京メトロ日比谷線「銀座駅」から徒歩5分 営業時間:年中無休 平日・土12:00-21:00 日・祝日14:00-19:00 電話番号:03-3289-3131...

【台湾美食in日本】赤丸(あかまる)

新小岩駅 台南料理 赤丸(あかまる) 新小岩駅から徒歩5分の場所にある、台南料理のお店「赤丸(あかまる)」さんをご紹介します! 駅の南口改札を出たら、目の前に見える商店街を真っ直ぐ進むだけです。 なかなか活気のある商店街なので、お店に着く前にもショッピングが楽しめます。 ウィンドウショッピングをしてたらあっという間に着きました。 外観はこちら。 本格的な味 店内はちょっと狭いけど、とても清潔感があります。優しいご主人2人が出迎えてくれます。 台湾料理・・・の中でも台南料理が中心です。 私が頼んだ料理はこちら! 台南ラーメン+滷肉飯セット 滷肉飯+煮卵セット ラーメンはメニューの表記通り、とてもさっぱりした味。朝昼晩いつでも食べられます。 そしてまた滷肉飯に合うこと!!! 夜市で食べた滷肉飯の味が蘇ってくる・・・どころではありません。あの美味しさがグレードアップしてお腹一杯食べられます笑 食後にはアイスカフェティー、トッピングはタピオカで注文しました タピオカは粒が大きく、ミルクティーは上品な味わい。 食後の一杯、にしてはボリュームがあり、こちらも大満足! プチ台南旅行に行ってきたぐらいの満足感が得られます!笑 メニューを見ると、まだまだ他のものを食べたくなったので、また次回来たいと思います! 赤丸の「真の目玉商品」 初めてこのお店に来ましたが、赤丸さんの真の目玉商品を見つけてしまいました。 それは、仲の良いご主人お二人です笑 お客さんも交えて仕事の話や雑談など、実家に帰ってきたかのような安心感があります。 なんだか、夫婦じゃなく、男2人で営業している、というのが独特な空気を醸し出しています笑 この空気は、他のお店では味わえません。ぜひお店に行き、ご主人と語らってください!中国語も話せますよ! 店舗情報 住所:東京都江戸川区松島3-15-6 交通手段:JR新小岩駅南口から537m 食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13194632/ 定休:毎週水曜日 営業時間:9:00~18:00...

【台湾美食in日本】浅草豆花大王

浅草豆花大王 台湾の伝統的スイーツ・豆花(ドウホワー)の専門店、 その名も 「浅草豆花大王」 浅草の雷門から徒歩7分の場所に大王は住んでいます。 店内は広く、台湾の音楽が流れていてゆったりできます。 台湾のお客さんも多く、憩いの場になっているようです。 豆花とタピオカ"ソイ"ミルクティー 私が注文したのはこれ! 豆花(小) に、ピーナッツ、仙草、タピオカのトッピング 外は寒かったので暖かいものを注文しました。 うん、美味しい!! まずお豆腐が大きくてボリュームがあります!とても柔らかく、そして温まります。それとタピオカのプリプリした食感が心地いい! 甘さも調整できますが、とりあえず普通のものを食べました。調整しなくてもちょうど良かったです。 それと、タピオカソイミルクティー。 豆乳を使ったタピオカミルクティーは珍しいので、つい注文しちゃいました。 さっぱりしているので、甘いもの同士でしたが、抵抗なく美味しくいただけました。 気づけば完食、お腹いっぱい。。 大満足です! 台湾かき氷もあるようなので、もう少し暖かくなったら、また来たいと思います笑 お店は大王が切り盛りしていて、店内の壁には大王の正体を知るヒントも貼られているので、ぜひ実際に来て確認してください!   お店の情報 ホームページ:http://www.to-fa.com/ ファンページ:https://www.facebook.com/tofadaisuki/ 住所:東京都台東区浅草4丁目43−4 交通手段:東京メトロ銀座線・都営浅草線「浅草駅」から徒歩15分 営業時間:毎週火曜日定休 平日10:00-20:00 土日11:00-19:00 電話番号:03-5849-4580...

『台南』旅.日.人 日本風民宿

台南ではここ数年で古民家をリフォームした民宿が増えており、台南観光に新たな風をもたらしています。 民宿に限らず、藍晒圖や海安街藝術造街、百貨店なども次々と新装開店を行い、改装がブームとなっています。 台南と日本との繋がりはどこにあるのでしょうか? 台湾らしさに溢れる台南は、美味しい食べ物、伝統的な建築、温かい人柄など、台湾というこの島を代表する都市です。 ところが、台湾色の濃厚なこの土地に、日本の精神をそのまま再現した特殊な民宿があるのです。 「旅.日.人」、日本風民宿。 早稲田での留学経験をもつJackさんが、築50年以上の古民家をリフォームした、特色ある民宿です。 広い交流スペース 民宿のロビーに入ると、日本建築の「素朴で懐かしい」雰囲気が感じられます。清潔で、ほこりひとつありません。宿泊客はこのスペースを自由に使うことができます。座布団と四角いちゃぶ台も大変日本らしいですよね! メッセージボード。自由にメッセージを残すことができます。 宿泊客どうしが自由に交流できるよう、客室にはメッセージ記入用紙が置いてあります。メッセージボードに貼ってあるたくさんのメッセージや写真から、みなさんの楽しい気持ちが伝わってきます! 日本が好きな人はぜひ書籍コーナーへ 交流スペースには日本関連の書籍が各種(旅行、飲食、生活など)置いてあります。もちろん「旅.日.人」を紹介している雑誌もあります。笑 宿泊すれば浴衣が選べる! 特殊ポイントのひとつ! 浴衣から草履まで、自分で好きなものを選ぶことができます。浴衣を着て街で台南の軽食を食べ歩きしたり、風情ある撮影スポットで「台日折衷」の写真を撮って記念にしたりするのもいいですよ。 日本の精神をさまざまなかたちで宿泊客に伝えようとしています。 清潔で素朴な和式2人部屋「愛あい」 客室は「愛」、「酒」、「金」、「旅」の4タイプに分かれています。またフローリング部屋と畳部屋の2タイプから選ぶことができます。どんな日本生活を体験したいかで選んでくださいね! 「旅.日.人」は1部屋の予約からフロア貸切や民宿まるごと貸切のプランも提供しています。家族や友達と一緒にお越しください。 客室/価格 客室の片隅 和風扇子、木製の椅子。飲料水のほか、ティーバッグやコーヒーも無料提供です。さらに「セルフペイメント式ドリンクサービス」(ボックスにお金を入れて飲み物を持っていくシステム)もあり、外へ飲み物を買いに行きたくないときに便利です。 日本住宅を模したトイレ トイレは日本とまったく同じ設計で、日本に住んだことがある人はきっと思わず笑みがこぼれるでしょう。台湾なので、日本の狭いトイレと比べてかなり広めです。 客室の写真をもう一枚 部屋はとても広く、Wi-Fiやテレビ、電源といった設備も完備されています。素朴ながら何でも揃っていますよ! 宿泊の際はマナーを守ってください 日本風民宿に宿泊する以上、日本人の礼儀とマナーを守らなければいけません!笑 環境、雰囲気ともに完璧に再現されているので、部屋に入れば自然と声も動作も静かになるでしょう。 台湾でも日本らしさの感じられる場所に泊まってみたいという人は、「旅.日.人」へ! ここでは単なる日本風生活にとどまらず、「日本の精神」まで感じ取ることができます。 『店舗情報』 店舗名:旅.日.人 日式民宿 住所:臺南市中西區民族路二段57巷9號 交通手段:高鉄…台南高鉄駅から台鉄「沙崙線」に乗り換え、台南駅で下車。所要時間約20分。/台鉄…台南駅から徒歩約5分。 予算:1泊1580新台湾ドル~ 筆者評価:★★★★(★1~5段階評価) 電話番号:(+886) 06-222-0859 ホームページ:http://tabinibito.com/ ファンページ:https://www.facebook.com/tabinibito/  ...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial