台湾ライフ

  • Sort Blog:
  • All
  • グルメ
  • ショッピング
  • 文化
  • 生活

「体験」癒しの空間で台湾茶体験!小慢Tea Experience

台湾に遊びに来る友達に、どこに行ったらいい?とよく聞かれますが、グルメや観光地以外にお勧めするのは「ぜひ台湾茶を飲んでみて!」。台湾の茶芸館はどこもセンスがよく、個性もはっきりしていて、そのお店で出しているこだわりのお茶や淹れ方も違います。 その中で私がいつもお勧めするのは「小慢Tea Experience」です。 台湾師範大学、師大夜市の近くに「小慢Tea Experience」はあります。一見普通の民家のようですが、横から見るとほら!「小慢」の看板が。なんだか、隠れ家のようですね。     お店はオーナーの謝さんが子供の頃に住んでいた家をリフォームしてお店にされています。謝さんのセンスあふれる商品が優雅に並んでいます。 メニューは日本語もあります。それぞれの茶葉を詳しく説明されているので、じっくり飲んでみたいお茶を探してみましょう。 こちらは白毫烏龍茶。(別名、東方美人茶)(400元) 蜜のように甘くて香りたかいお茶です。茶葉の中に白い毛のようなものがありますが、これはウンカに葉の汁を吸われた証拠!これがあるからこそ甘いお茶になるそうです。   お茶の淹れ方は最初にスタッフの方が教えてくれます。 人数に合わせて、茶葉の量と急須の大きさが決められており、1回の茶葉で5杯前後飲めます。茶筒の中にも、2セット目の茶が入っていますので、合計10杯くらいは飲めます。お友達と話しながら、ゆっくりとお茶を頂く、贅沢な時間ですね。もちろんお一人様用のセットもありますので、一人旅の方もご心配なく! 4種類が入ったお茶菓子もあります。(200元) この日は茶梅、ピーナッツのお菓子、ドライマンゴー、緑豆のお菓子でした。 そしてもう一つおすすめなのは、お茶を飲んだ後にぜひ茶杯(湯飲み)の中の香りを嗅いでください!一見、無作法かと思われるかもしれませんが、台湾茶では飲んだ後の余韻も楽しむ行為の一つです。まだ温かい茶杯からはとてもいい香りがしますよ! お茶も販売されているので、お土産にもいいですね。 癒しの空間で、ゆっくりと台湾茶を味わってみませんか。   小慢Tea Experience 住所:台北市大安區泰順街16巷39號 電話:(02)2365-0017 営業時間:10:00~18:00 定休日:月曜日 クレジット使用可  ...

「食レポ」フレッシュフルーツでリフレッシュ【鳳冰果舖】

台湾の京都ともいえる歴史都市・台南。福原愛選手の結婚後、ますます注目を集めている(気候的にも)ホットな台南で、やっぱり新鮮な南国フルーツが食べたい!グアバにパパイヤ、マンゴー、ドラゴンフルーツ……もちろん市場で丸ごと買えば安いですが、ホテルに持ち帰って切るとなると手間ですし、せっかくなので台南特有のスローな空気に包まれながらのんびり優雅に味わいたいですよね! 今回ご紹介するお店は、大通りから一本入った通りにあるスタイリッシュなフルーツカフェ「鳳冰果舖」。クールビューティーな女性店主さんが切り盛りしています。       ドアノブの上に犬らしき動物が。「拉(引く)」にも遊び心を感じます。   メニューはフルーツシェイク、カットフルーツの盛り合わせ、フルーツかき氷にフルーツビールまで、とことんフルーツ尽くし。   店内にはテーブル席とカウンター席があり、筆者は窓際のカウンター席に座りました。かわいらしい観葉植物や三猿の置物など、店主さんのセンスとこだわりを感じるレイアウトに心和みます。     筆者が注文したのは、「金蕉苺妹(110 TWD)」。いちご、バナナ、ドライクランベリーが入ったフルーツミルクシェイクです。二種類のベリーの甘酸っぱさとバナナの濃厚な味わいに牛乳のまろやかさが加わって、口当たりなめらかかつ後味すっきり。美味しいだけでなく、美容にも良さそうな一杯です。     お店から旧跡「赤嵌楼」まで徒歩1~2分ほど、また台湾B級グルメのお店で賑わう「水仙宮市場」や、かつての繁華街が芸術区として生まれ変わった「海安路芸術造街」、「神農街」へのアクセスも良好です。店内奥の書棚には台南関連の書籍や台湾グルメ紀行など「旅」と「食」に関する本がたくさん置かれているので、新鮮なフルーツで涼をとりつつ旅行のスケジュールを立てるのも良さそうですね。         店舗情報 店名:鳳冰果舖 住所:台南市中西區新美街183號 電話番号:0911 686 713 営業時間:11:00~19:00(火定休) Facebook:https://m.facebook.com/feng.icefruit/     取材・執筆:Mayuko...

「その他」人気エリアの穴場スペース【設計寓】

中山地下街の地上、細長い公園沿いにカフェや雑貨屋さんが軒を連ねるこのエリアで見つけた、デザイナーズレンタルスペース「設計寓」。 デザイナーさんが集中して作業に取り組むことができるように、と設計されたスペース。もちろんデザイナーさんに限らず、どなたでも利用可能です。台北当代芸術館付近のアーティスティックな雰囲気漂う中山エリアならではのレンタルスペースですね。 貸切サービスもあるので、ワークショップや会議などに利用することもできます。今回筆者は言語交換のために利用させていただきました。   無料のドリンクサーバーがあるほか、追加料金で軽食メニューも注文できます。また食べ物の持ち込みOKなので、外のお店でテイクアウトしたお弁当などを持参してこちらで食べることも可能です。   無料ドリンクの内容は、コーヒー、紅茶、フレーバーアイスティーなど。   手描きポストカードの販売スペース。   雑貨販売スペース。   懐かしい駄菓子とプチプラぶたさん貯金箱。   所狭しと並べられたフィギュアたち。なんだか迫力があります。   本もたくさん。   二週連続平日夜に訪れましたが、利用者は筆者たちのほか一組か二組程度だったので、静かでゆったりとした時間を過ごすことができました!観光中のひと休みやスケジュールの打ち合わせ、テイクアウトしたご飯を食べる場所に困ったときなどにも最適ですよ。     店舗情報 店名:設計寓 住所:台北市長安西路19巷2弄7號3樓(最寄駅:MRT中山駅) 電話番号:0225110968(台湾) 利用料金:1時間目NT$ 60、2時間目以降1分×NT$ 1 営業時間:火~日 10:00~22:00(月定休) Facebook:https://www.facebook.com/desigenerroom/     取材・執筆:Mayuko...

「食レポ」日々の食卓を彩るバターの香り【奶油麵包】

  台北駅から台鉄特急列車で約一時間半、宜蘭県最北端に位置する頭城鎮を訪れました。周りを海と山に囲まれ、素朴でどこか懐かしい雰囲気に包まれたこののどかな町は、実は宜蘭県の中で最初に開発が進んだ地域でもあります。   台鉄頭城駅外観     台鉄頭城駅を降りて老街(古い町並み)に向かう途中、ふと目に飛び込んできた「奶油麵包(バターブレッド)」の看板。緑色の軒とウッディな店構え、そして何よりその店名に心惹かれ、迷わず入店しました。   店舗外観。「本日のメニュー」などの書かれたボードが設置されています。     ドアを開けた瞬間にふわりと鼻をくすぐる焼きたてパンの芳醇な香りに、思わず顔が緩みます。木の温もり溢れる店内の手前にはテイクアウト用のパンが並ぶテーブルと雑貨販売スペースがあり、中央がイートインスペース、奥に会計カウンターとケーキのショーケース、厨房という配置になっています。 キョロキョロと店内を見回していると、厨房から「歡迎光臨(いらっしゃいませ)」と明るい声が聞こえ、視線を向けた先に現れたのは、意外にも欧米系の顔をしたお兄さん、もといニュージーランド出身のダニエルさん。英語、中国語に堪能で、日本語も少し話せるというダニエルさんに、「お好きな席にどうぞ」と案内され、四人で訪れた筆者たちは、靴を脱いで座る広めの席を選びました。     店内カウンター。       豊富なメニュー。ドリンクメニューはフードメニューの裏にあります。     ショーケースに並ぶ美しいケーキたちに思わず目が釘付け。     迷いに迷って注文したのは、「中東佛拉佛堡(ファラフェルサンドイッチ)」。自家製ファラフェル、ピクルス、生野菜、アボカドソースを、味わい豊かなミックスシードブレッドでサンドした、ヘルシーながらもボリューム満点のサンドイッチです。こちらは動物性食品不使用なので、ヴィーガンの方も召し上がれます。 パンは噛み応えのあるハードタイプで、表面にふんだんにちりばめられたミックスシードと中から溢れんばかりの具が、絶妙なバランスでマッチ。ビッグサイズですが、食べ切れなかった分はテイクアウトすることもできます(ちなみに筆者はペロリと平らげました)。 友人が注文したミネストローネスープがあまりにも美味しそうだったので、こちらも追加オーダー。トマト、にんじん、たまねぎなどの野菜がごろごろ入った具沢山のスープに、自家製パンがトッピングされています。     サンドイッチの断面はこんな感じ。   スープもつけて栄養満点。     食事の後、ダニエルさんにお店についてお話を伺いました。 お店の正式名称は「奶油麵包 The Bread & Butter Bakery」で、今年6月にオープンしたばかりだそう。店名の由来を訊ねると、次のように答えてくれました。「欧米人にとって、毎日の食卓に欠かせないパンとパンを作るためのバターは、生活の必需品。つまり、『生きる糧』という意味です」 パンを作っているのはダニエルさんのガールフレンド、黃乃容さん。「奶油(バター)」は、実は黃さんのニックネームでもあります。欧米人の生活にバターが必要不可欠であるのと同じように、黄さんはダニエルさんにとってかけがえのない存在。……ひょっとすると、店名にはそんなロマンチックな意味も込められているかもしれません。   器などの販売スペース。ラインナップが渋い。   石からできた石みたいな石鹸。 石鹸くん「石鹸だよ。手を洗うのに使ってね」   Facebookページにチェックインすると、クッキーがもらえます!         近所にあったら通いたい、温かくてカジュアルなお店です。定休日が多いのでややハードル高めですが、宜蘭に訪れる機会があればぜひ立ち寄ってみてくださいね。     店舗情報 店名:奶油麵包 The Bread & Butter Bakery 住所:宜蘭縣頭城鎮民峰路6-5號 電話番号:039772029(台湾) 営業時間:土~火 9:00~21:00(水・木・金定休) HP:https://bread-butter-bakery.blogspot.tw/   取材・執筆:Mayuko...

『台湾攻略』桃園空港捷運線の神秘なる姿を覗く,先取り速報!

桃園空港捷運線 市区と桃園空港をつなぐ捷運線は20年の月日を経て,ようやく開通します! 桃園大眾捷運股份有限公司が経営と補修を担う桃園空港捷運線, 国家の大門を担う台湾桃園国際空港的延長として,空港とお客様の安全、便利、快適さ、高い水準のサービスを提供するほか,沿線の様々な景観、そして駅の建築物は旅客にそれまでの城市と違った記憶と印象を与えます。 桃園大衆捷運_桃園機場懶人包-你來搭我來答(youtube) (資料、写真提供:桃園大衆捷運股份有限公司_オフィシャルサイト) ついに開通しました! 1月25日,交通部長賀陳旦は「桃園空港捷運運転営業許可」なる文書を桃園市長鄭文燦に渡しました。 公布は2月2日後,起動は1か月二回の試運転を経てからの予定案です。 一回目はグループ試乗の,二回目は自由試乗の段階を踏み, 並びに3月2日正式に一通り運転をし,初めの月のチケットは半額のサービスを,4月2日から元の値段に戻ります。 (資料、写真:桃園大衆捷運股份有限公司_オフィシャルサイト) 試運転情報 二回に分けて行う「桃園機場捷運」 以下はその詳細情報です。 ● 2017.2.2 ~ 2.15 グループ試乗(路線、駅に制限あり) 搭乗時間:08:00am~16:00pm 特定のグループに限り,一グループごとに40人,上限は2万人 A1、A3、A8、A10、A18、A21,にとまり、空港のターミナルにはとまりません。お荷物のお預かりと予約はできません。 ● 2017.2.16 ~ 3.1 自由試乗(駅、車種に制限なし) 搭乗時間:08:00am~16:00pm(16:00pmは最終電車になります、駅に入ることはもうできません) 駅に入る際に番号札を回収,駅を出る際に手にスタンプを押します,このスタンプで自由に駅の出入りができます。 ○番号札を受けとる際の注意: 全線21のスポットにて4つの時間帯に番号札を配ります。毎日その場かぎりにおいて毎日2万人分の数量限定でお配りいたします。 番号札発行時間:7:40、9:40、11:40、13:40 六才以上一人1枚限り(六才以下は無料) 桃園大眾捷運_【自由試乗3ステップ】 ○搭乗予約の注意: 前 飛行機が離陸する3時間前に手続きする必要があります。 搭乗予約地点:A1台北駅 手続き項目:お荷物のお預かりと搭乗手続き(チャイナエアライン、エヴァグリーンエアライン、華信エアライン、ユニー航空に限る) もしなにかございましたら,桃園大眾捷運股份有限公司-お客様サービスまでお問い合わせください。 桃園大眾捷運股份有限公司_お客様サービス, 電話:(03)286-8798 もしこの期間外国にいく場合や桃園捷運上各地点に帰る方々は自由試乗期間をおすすめします。しかし搭乗時間と番号札受け取り時間にお気をつけください。 関連ニュース: (資料提供:桃園大眾捷運股份有限公司_オフィシャルサイト) 地図から見ても,この一本の捷運は台北、新北、桃園,の三大縣市を跨いでいると言えますね! 桃園、空港捷運切符価格 今のところ「直通電車」と「普通電車」の価格は統一されています。 正式に営業してから,切符は最初の月のみ半額,さらに多くの通勤定期券などの割引があります 例:1ヶ月切符3割引、2ヶ月切符35%オフ、4ヶ月切符4割引、グループ切符(10人)2割引…等。 割引についてもっと知りたい方は>>ここをクリック 片道切符カード以外,片道切符も販売しております。詳細はお客様サービスまでご連絡下さい 片道切符割引券について>>ここをクリック その他「桃園空港捷運」も悠遊カード、一卡通、桃園市民カード、HappyCash有錢カード(二代カード)で駅の出入り可能です。今のところ「直通電車」と「普通電車」の価格は統一されています。 正式に営業してから,チケットは最初の月のみ半額,さらに多くの通勤定期券などの割引があります 例:1ヶ月チケット3割引、2ヶ月チケット35%オフ、4ヶ月チケット4割引、グループチケット(10人)2割引…等。 割引についてもっと知りたい方は>>ここをクリック 片道チケットカード以外,片道チケットも販売しております。詳細はお客様サービスまでご連絡下さい 想知道單程優待票方案>>ここをクリック 另外「桃園機場捷運」也可持悠遊卡、一卡通、桃園市民卡、HappyCash有錢卡(二代卡),進出車站。 (資料、写真提供:桃園大衆捷運股份有限公司_オフィシャルサイト) 車種介紹 「桃園空港捷運」線は直通電車と普通電車の二つに別れています。旅客はそれぞれの必要によって乗りわけることができます。 ●直通電車 代表色は青色で,車体の青色ラインに「普通電車」の文字が 四両編成のお客様車両となっていて,長さ82メートル ロングシート,計188座席,満席満員の状態ですと約1000名旅客をのせることができます 全ての車両に荷物置き場があり,大型のトランクスも収納できます 4G WiFi(名前:TyMetro) 停車駅:桃園捷運沿線各駅に停車(今のところ21駅) もしA1台北駅、A3新北產業園区駅、A8長庚医院駅、A12機場第一航廈駅、A13機場第二航廈駅, 「直達電車」と「普通電車」での必要時間は,「直達電車」は約35分, そして「普通電車」は約48分必要です。 関連ニュース: (資料、写真提供:桃園大衆捷運股份有限公司_オフィシャルサイト) 始発/終電 時刻表 始発はA1台北駅から出発の電車の時間は06:00am,終電の時間は22:58pm。 (写真提供:桃園大眾捷運股份有限公司_オフィシャルサイト,サイト更新日:106/2/5) 始発/終電 時刻表 始発はA1台北駅から出発の電車の時間は06:00am,終電の時間は22:58pm。 (写真提供:桃園大眾捷運股份有限公司_オフィシャルサイト,サイト更新日:106/2/5) 皆さんにご搭乗の前にくれぐれもオフィシャルサイトでなにか変更がないか確認してね! 始発/終電 時刻表>>ここをクリック 時刻表 直達電車の時刻表>>ここをクリック 普通電車のダイヤ間隔は15分に一本,時刻表はありません! (写真提供:桃園大眾捷運股份有限公司_オフィシャルサイト) お客様が搭乗前に知っておいてほしいこと 基本的に,「桃園空港捷運」は《大眾捷運法》が適用されています。 みんなが気になる「車内飲食」、「ペットのもちこみ」これはみんな捷運のルールと一緒です Q: ペットは持ち込んでいいの?方で定められたもとでのみ可能です Q:車内で飲食はできますか? ダメです,飲食は禁止されていて,ガムと檳榔を噛むことも禁止でされています 桃園大眾捷運股份有限公司_旅客が知っておくべきこと:ここをクリック 関連ニュース: 三立新聞網_車廂可以吃東西嗎?機捷今起試營運 相關問題報你知 台北捷運>>桃園空港捷運 乗り換えトンネル 写真提供:桃園大衆捷運股份有限公司_オフィシャルサイト) 迷宮のような台北駅,この中の通路は,歩く人を容易に迷子へ導く。 台北捷運捷客粉絲團によるシェアを参考にすれば「桃園空港捷運」に向かう際に 更に早くスムーズにたどり着けるそうだ!(写真提供:台北捷運捷客粉絲團_Facebook) その他におすすめの乗り換えトンネルへの行き方のビデオを教えますね!香港旅遊U周刊より撮影, 事前チェックイン 事前チェックイン(In-Town Check-In, ITCI)は飛行機をご利用になられたお客様に対する便利なサービスです。 これは空港内の航空会社市区にまで延長したシステムである。 お客様は前もってA1台北駅にて荷物を預けたり、席を確定したり,同時にチェックインカードを取得できる。 事前チェックインのご案内時間は06:00am~21:00pmで,旅客は飛行機離陸の3時間前に「事前チェックイン」をする必要があり, この自由試乗の間にご利用できる航空会社はチャイナエアライン、エヴァグリーン、華信、立榮等がありますが、また更新される可能性があるので要観察です。 事前チェックイン,注意事項>>ここをクリック 手続き項目と流れ (資料、写真提供:桃園大眾捷運股份有限公司_オフィシャルサイト) その他ためになりそうな手続きのやり方を皆さんにも教えたいと思います!香港旅遊U周刊より撮影, 台北駅>>桃園国際空港 交通比較 表 みんなのためにちょっと整理しますね,台北駅から出発して桃園国際空港までの交通比較表。 みなさんの需要に合わせてご利用くださいね 以上が私が収集した「桃園機場捷運」の関連情報です(お辞儀)! もし2/16~3/1の間に外国へいく、帰ってくる人は是非 「自由試乗」をせっかくの機会なので,体験してみて~ 「桃園空港捷運」この斬新な交通ツールを! サイト: 桃園大眾捷運股份有限公司_オフィシャルサイト: ...

「食レポ」隠れ絶品グルメスポット!台湾最強滷肉飯「矮仔財滷肉飯」

矮仔財滷肉飯 街角に潜む穴場グルメ,台湾最強の滷肉飯とうたわれる矮仔財滷肉飯,実は正日本に在住する私が小さい頃からずっと食べてきた記憶に残る逸品なのです! そしてこの台湾の国民的な美食グルメ滷肉飯は,いったいどうしてこうもの記憶のなかに残るほどのものなのか、さらには台湾に帰れば一目散に駆けつけて食べるほどなのか?皆さんにその魅力をお伝えしたいと思います! ご飯はかみごたえがあり,なめらかになるまで煮込んだ豚挽き肉は脂身、肉汁どれをとってもごはんとの相性は抜群、そして本当に美味しい滷肉飯はただ軽くサッと振りかけるだけでごはんとお肉都の配分は絶妙に配分されるのである。何十年という歴史をもつ北投の老舗-矮仔財滷肉飯のオーナーがサッとひとふりするだけで絶品グルメが完成するのです! 矮仔財滷肉飯のメニュー 矮仔財滷肉飯の價格は非常に財布に優しく,今こんなに 財布に優しい店を探すのが困難なくらい。滷肉飯以外なら私は排骨湯をおすすめします! なぜ排骨湯なのか?まあ焦らず!あとで説明したいと思います! めっちゃ怖い行列の人だかり 北投の伝統市場にある矮仔財滷肉飯は,開店から店じまいまで常に満員の状態で、二階から一階まで列を並ばなければならない。だいたい30分 ~40分ならぶ心の準備をしておいた方がいい。因なので食べたいという方は早めにご来店することをおすすめする、でないとはるばるここまで来て売り切れだなんて洒落にならないでしょう? 料理をするオーナーの奥さん このとき既にオーナーは明日の下準備に取りかかっていたので,奥さんが取材の受け答えをしてくれました。あの大きな鍋の中の滷筍絲がも売り切れだなんて…そして後ろのタンスのようなものは正に排骨湯を蒸しているところ。もちろん、あのおいしい滷肉飯の鍋もありますよ! 滷油豆腐と滷蛋 今回は注文したかった滷筍絲を注文できなかったけど,それでもおいしい滷油豆腐を注文できました。こんなに柔らかい豆腐、一体オーナーはどうすくえばこんなに完全な的豆腐をすくえるのだろうか。私は食べてる途中で何度も思った。 そして中までソースがしっかり染み込んでいる滷蛋もまた絶品! 矮仔財特製排骨湯 滷肉飯と比べて,これまで私が飲んできた排骨湯の中で一番美味しい排骨湯です。 排骨酥で一緒に煮込んだお碗の中に,パクチー、冬瓜を加え,肉汁を吸い付くした冬瓜は口にいれた瞬間溶けるようで,筆舌尽くしがたき美味! 恐らくマンガ中華一番の主人公が作る料理を食べたときの感動と同じなのだろう! 私の奈良の友達はこの絶品グルメのためにお母さんと妹をつれてはるばる台湾にやって来て三回も食べたぐらいですから(笑) テーブル一杯の台湾料理 注文できるものはもう注文した,それでもまだ食べたいものはあるけど,まあ一時くらいになるとホントに注文できるものは限られてきちゃうよね(ほとんど売り切れ)。 あなたがポケモンのカイリューを捕まえに来るのでも旅行で来るでもよし、とりあえずここの滷肉飯をちょっと食べてみてはいかかがでしょうか! 『店の情報』 店の名前:矮仔財滷肉飯 店の住所:台北市北投区新市街三十号 (北投市場 2F436攤) 交通:捷運北投駅徒步約15分 予算:100新台湾ドル 評価:★★★★★ (★は一つから五つまで,一ツ星は普通,五ツ星はめっちゃおすすめ) 電話番号:無し 営業時間:07:00 ~ 14:00(売り切れしだい早めに店じまい)...

「食レポ」台北信義区★大方冰品 「穴場かき氷屋」で、ビッグサイズのマンゴーかき氷を!!

夏になると冷たいかき氷を食べるというのが 台湾の恒例行事。 日本から来た観光客の方々も、必ずマンゴーかき氷を食べますよね? でも有名店はどこも大行列。   本日は、「地元民に愛さているお店」で比較的入りやすい、 穴場かき氷店をご紹介~。     MRT象山駅から徒歩で約15分ほどの場所にある 「大方冰品」は、 オレンジ色の目立つ看板ですぐに見つけることができます。   店内は40席ほどの大きさで、とてもきれいにされています。   こちらのお店扱っているメニューはローカルなかき氷、 「刨冰」(バオビィン)のほかに、 「豆花」、「プリン」、「仙草」、「薏仁湯」、「綠豆湯」など、種類も豊富で どれも食べてみたい台湾スイーツです。 まず、レジで注文を行い、 先にお支払いを済ませるという仕組みです。 (その場ですぐに作ってくれます。) まず必ず注文したいのが、   夏限定の芒果牛奶冰(マンゴーかき氷120元)   店員さんが大きなスプーンでどんどんマンゴーを盛り、 あふれるほどのマンゴーが上にのせられました   お店の名前「大方(太っ腹)」の通り、3人分はある大きさです。   マンゴーソースがかけられており、「黒糖ソース」も 追加でかけてくれます。(プラス料金無し) マンゴーもいいけど、「刨冰」(50元 ローカルかき氷)も 安くてとってもおいしいんです。   こちらは4種類のトッピングを選ぶことができます トッピングの種類はとっても多いので、迷ってしまいます。 ※写真に入らなかったトッピングもまだあります。。ごめんなさい。   ちなみにおすすめはこちら↓   ★粉圓(フェンユェン 黒タピオカ) ★芋圓(ユーユエン タロイモでできたモチモチな団子) ★粉粿(オァグイ ジャガイモの粉を使ったモチモチスイーツ) ★花生(ホァシェン ピーナッツ) こちらもほかの店ではみたことのないビッグサイズ! コストパフォーマンスが高いお店だとおもいます   このお店、テイクアウトも可能となります。 テイクアウトの時は注文の際に、 「外代(ワイダイ)」と言ってくださいね★   大方冰品 住所:台北市信義區信義路六段99號 電話:02 – 2726-0558 アクセス:MRT象山駅より徒歩15分 営業時間:11:00 ~23:00 ...

「旅行記」10月10日台湾の国慶日レポ

10月10日台湾は民国106年を迎えた。 10月10日は国慶日で7日・8日の土日と9日の飛び石が埋まり4連休でした。 7日には14日に予定していた総統府公開日を前倒し。 台北の総統府前で日中は様々はパフォーマンスが行われ、 夜の総統府では初の試みとなるプロジェクションマッピングを使った光のショーが開催されました。 横幅140メートルの総統府の建物と国慶節祝賀大会のために設置されたステージをキャンバスに見立て、 毎晩19時30分から30分ごとに6回のショーが実施され、地元民や観光客で賑わいを見せました。 ショーの内容は総統府を1888年に運転を開始した台湾の成長の象徴でもある 台湾初の機関車「騰雲号」から日本統治時代から戦後、 現代までの絶えず進化を続ける交通機関に姿を変えて物語をつづりました。 また、前半は台湾原住民16民族の冠のイメージ、後半は台湾客家人の花柄のイメージを融合させ、語り物音楽から伝統音楽の客家北管八音、 ジャズ、ロック、電子音楽まで様々なスタイルの音楽とともに光の投射を盛り上げました。 僕ももちろん実際に見たんですが、沢山の人たちで盛り上がっており、マッピングもとても素敵でした。 さ、そんな総統府。ここは台湾の政治の中心です。 そんな、名誉ある建物、実は日本人が設計したってご存知でしたでしたか? 今日はそんなちょっと歴史について記事を書いてみたいと思います。 正式名称は中華民国総統府といい日本統治時代の1919年に「長野宇平治氏」によって設計され 台湾総督府として利用されてました。 第二次世界大戦時にはアメリカ軍により建物が大きく損傷。 その後台湾へ進駐していた中華民国政府が修復し、1948年に復元されました。 1949年、国民党が国共内戦の際、中国より追われる形で台湾に中華民国の首都機能を移転。 以降、中華民国の総統府として利用されるようになり、 現在は文化資産保存法により国定古蹟として登録されています。 なんと、上空からの建物を見ると日本の「日」のように見えるんです。 このように西門紅楼や迪化街・本願寺台湾別院、台中市にある台中駅などなど現在でも台湾では 日本統治時代に建設されたものが今でも多く残っており、今現在も台湾人の生活の拠点や の憩いの場、施設として多く利用されています。 台北をはじめ台湾には日本と台湾のつながりを感じる場所が様々あります。 ぜひ、台湾へ来た際は両国ゆかりの地を回って、その歴史背景に触れてみるのはいかがでしょうか。 そんな今回紹介した総統府の観光情報です。 住所:台北市中正区重慶南路一段122号 アクセス方法:MRT「台大医院」駅出口1を出て公園路を南下し、次の通りで右折して直進した突き当たり。 休業日:土日 見学方法:平日の午前9時から12時(最終受付は11:30))無料で内部見学が可能。 日本人には日本語ガイドが案内 入館には身分証明書(外国人はパスポート)が必要。 自由見学は不可で、全行程ガイド同伴による見学となる。 月に一度(主に第二日曜)「全館開放日」が設けられており、その日は自由見学が可能 基本的にはカメラ等での撮影は禁止。ただし全館開放日は撮影は可能。 全館開放日は公式サイトをご覧ください。 総統府HP...

「食レポ」台北 信義区 洪瑞珍三明治專賣店★台湾の人気ローカルサンドイッチ店

こんにちは!SASAです MRT永春駅近くにある、レトロな看板のこちらのお店。 最近お店の前を通るたびに、ローカルっ子がひっきりなしに出入りしていて、とても気にはなっていたのですが、、。 なんと台中が本店の、超大人気サンドイッチ専門店であることを知り、夕方、人が少なくなった時にちょっくら行ってみました こちら1947年開業、台湾人なら知らない人はいない!というくらい有名な、老舗サンドイッチ店だそうです。 この日は、売り切れの商品も多く、看板メニューの「招牌火腿三明治(ハムサンド)」と「草莓起司三明治(いちごジャムサンド)」を買うことにしました。 ※常温で4時間以内、冷蔵庫保存で3日以内に食べてくださいとのことです。   まずは、 「招牌火腿三明治(ハム、チーズ、卵、)」(25元)からいただきます。 パンに薄くクリームとマヨネーズが塗ってあり、「卵焼き、ハム、卵焼き」と、パン4枚、3層の三角形になっています。 食パンはほんのり甘くしっとりで、なかなかやみつきになるお味でした。 「草莓起司三明治(いちごジャム)」(28元)です。 こちらは「イチゴジャム、チーズ、イチゴジャム」となっており、あまくてしょっぱい、初めて食べるお味 私的には原味のほうが好みでした。 冷蔵庫に入れておく場合は、取り出した後、20分常温に置くと、おいしくいただけるそうです★ 近くにあるお店もぜひぜひチェックしてみてください♪ Sasaのとっておき台湾~日本sasa在台生活 https://www.facebook.com/sasataiwan0122/...

【台湾美食in日本】
CoCo都可(ココトカ)

通りすがりにブラっと 今回はさらっと紹介したいと思います。(通りすがりに買っただけなので・・・)   全世界展開している台湾のCoco都可が日本進出! といっても私はこのお店知らなかったのですが・・・w 初めてなので、やはり王道のタピオカミルクティーを注文しました。 うん、台湾の味がそのまま味わえます!美味しい!!タピオカも大きくて満足です!!   大盛況 今年の2月にオープンということでしたが、平日の夕方に行ったのに結構並ぶほど大盛況でした! メニューもこれだけ豊富にあるので、今度渋谷に行った時には一品一品新しいものにチャレンジいていこうと思います!! 今回は軽めに紹介しました!みなさんもまだ行ってない方は行ってみてください!! お店の情報 ホームページ:https://cocofreshtokyo.amebaownd.com/ 住所:東京都渋谷区宇田川町29-3 渋谷センター街 交通手段:JR山手線「渋谷駅」から徒歩5分 営業時間:定休日なし 平日11:30〜22:00 土日祝 11:00〜22:00 電話番号:03-6455-0441...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial