• Sort Blog:
  • All
  • おすすめ
  • エンターテイメント
  • ビデオ
  • 仕事、留学
  • 台湾ライフ
  • 旅行
  • 未分類

【台湾美食in日本】彩茶房(さいさぼう)

世界に650店舗以上の「彩茶房」 吉祥寺で遊んでる時に偶然見つけました!   お店の名前は 「彩茶房(さいさぼう)」 吉祥寺の他にも、原宿と仙川にもあるようです。 吉祥寺には、「キラリナ京王吉祥寺」という駅ビルの地下1階にあります。     早くもマンゴーかき氷、やってました 季節限定メニュー始めたとあっては注文せざるを得ませんでした。 岩塩チーズも気になったのですが、やはりタピオカ入りのものを注文しました。 そういう少し凝ったものはまた今度。。まずは「タピオカ抹茶ミルク」。写真はこちら。 結構、しっかり緑色なので、「濃そうだなぁ〜」と思いましたが、飲んでみると意外にさっぱり! もちろんタピオカもモチモチしていて言うことなし!ミルクティーに飽きてしまったら、抹茶ミルクもあり! そしてついに出てきたマンゴーかき氷。 本場に比べると、量が控えめな感じはしますが、一人で食べるなら充分だと思います。 味は本場と変わらず!!もっともっと暑くなってから、もう一度食べに来たいですね。 一緒に来た台湾人の友達が注文したのがこれ。岩塩チーズ四季春茶。 少し分けてもらい味見をしましたが、美味しい!四季春茶は爽やかなのに、チーズと岩塩でアクセントが効いてます。 今度、これ丸々飲みたいですね。。 愛玉子(オーギョーチ)もありました!! すっかり台湾スイーツを満喫してしまいました!!! 都心から少し離れていますが、井の頭公園に遊びに来たり、ショッピングでいたらぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。   お店の情報(彩茶房キラリナ京王吉祥寺店) ホームページ:http://saisabo.com/ 住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-1-25(キラリナ京王吉祥寺地下一階) 交通手段:吉祥寺駅直結 営業時間:10:00-21:00(20:30L.O.)   電話番号:0422-24-7114...

炎熱珈琲★リピーターも多いこだわりカフェで美味しいコーヒーを

週末にお友達が見つけた「MRT奇岩駅」からすぐのカフェ、「炎熱咖啡」に行ってきました。 駅付近にあるのにとっても見つけにくい、これぞ本当の隠れ家的カフェ。 お店の外観です。 店内はこじんまりとしていますが、ほっと落ち着ける、家のような空間。 1階にカウンター席とテーブル席があります。ロフト風になっている2階席は、8人ほどが座れるテーブル席があり、会議やグループでのお食事にもよさそうです。 2階席は貸切りも可能となっていました。 昔からコーヒーが好きだった、林店長は、夢をかなえるため元々務めていた会社を退職。2年間コーヒーの修行を積み、6年前に念願のカフェをオープンさせました...

「観光」地震後の花蓮はどんな状況?

2018年2月6日台湾東部の花蓮で震度7級の地震が発生しました。日本でも大きく取り上げられていたようで、沢山の方から大丈夫?と連絡もらいました。寝ようとうとうとしていた時だったので、普段鈍い私もこの揺れにはさすがに気づき飛び起きました!台北は3級だったようですね。でも街は変わりなく次の日からも普通に生活してます。 ただ震源地の花蓮では観光客が激減だそうです。これから温かくなり花蓮への旅行にはいい時期ですが、大きな地震の後はやはり心配ですよね。。 先日(2月下旬)ちょうど仕事で花蓮に行って来ましたので、少しだけ現地の状況をお伝えします。   交通 台北から花蓮へ電車で行きました。地震直後は運行停止していましたが、今はダイヤの乱れもなく通常運行しています。   街の様子 場所によっては道路に亀裂が入っているところがあり、修繕工事をしているところを何度か見かけました。 倒壊したホテルは既に臨時の駐車場になっていました。 商店は通常に開店しているところが多かったです。   ホテル 私たちが立ち寄ったホテルでは地震後に専門業者に建物の検査をしてもらい、安全確認をしてもらったと仰っていました。気になる方はホテル予約前にホテルへ聞いてみるのもいいかもしれませんね。 太魯閣峡谷 今回は燕子口まで行きました。私は太魯閣に来るのは今回で3回目ですが、何度見てもその景色の壮大さに圧倒されます! 地元ドライバーさんのナビでここは歩いてもいい、ここは落石の危険があるため歩かない方がいいと教えてもらいました。燕子口付近でヘルメットを貸出しされていますので、歩く場合はヘルメットをかぶりましょう。 観光途中に危険な事はありませんでしたが、ドライバーさんによると、地震以外でも雨が降ったり、何かのきっかけで土砂崩れや落石があるそうです。地元の方やガイドさんにその都度状況を聞いて観光した方が良さそうですね。 まとめ 道路、鉄道、観光地、通常通りのようでした。地元の方達も普通に生活しているよーと笑顔を見せてくれ、観光客が少なくなったと残念そうにも話されていました。 地震はいつ起こるか分からないので、安全・危険は一概には言えないのですが、心配しすぎるほどでもないかなと思いました。その都度確認・判断して、花蓮を楽しんで下さいね! 花蓮加油!    ...

「暮らし」旧正月の過ごし方 曽さんち編

先日旧正月の初二、初三(お正月の2日、3日目)に台湾人のお友達の曽さん宅へお邪魔して来ました! 台湾ではお正月どんな風に過ごしているんでしょう!?   初二は「回娘家」(ホイニャンジァー)と呼ばれ、一般的にはお嫁さんが実家に帰る日と言われています。大みそか、1日は家族や来客への料理の準備に忙しく、旦那様の家族と過ごす事が多いそうなので、お嫁さんは2日目に実家へ帰る風習があるそうです。 ちなみに私の母は長男の嫁なので、5日頃にやっと実家に帰っていた記憶があります。そう思うと、2日目に帰りましょうというこの風習はお嫁さんにとっていいですよね。   さて、曽さんのお宅は台中の大甲にあります。ここまでは電車で行きましたが、やはり初二なので電車も混んでいます。 まずはご自宅に到着し、神様にご挨拶です。 なんと!ご自宅に立派な媽祖(まそ)の神様が祀られていました!媽祖は元々、海の神様として航海や漁においてご利益があると信仰されていたそうです。現在、台湾で多くの人が信仰しているようですね。 お供えものも沢山あります。私が手土産にとお渡ししたものも、まずは神様へとお供えして頂きました。   次は大甲鎮瀾宮へお参りに連れて行ってもらいました。 台湾媽祖信仰の有名な廟のひとつです。やはりかなりの人人人です! 廟の前の通りでは沢山の屋台が並んで、どこも行列!ここも沢山の人達で歩くのも大変です。   こちらはお昼のお料理。品数が多いです!この他、鍋やスープ、果物もありました。その中でも焼き鴨は絶品!これも曽さんのご両親が朝から手間ひまかけて調理されてました。 曽さんのお母さんのご実家や親戚の方達は近くに住んでいるということで、2日、3日目も沢山の親戚の方が訪れて賑やかです。やはりいいお歳の女の子には親戚のおばさんからの結婚はどうなの~というお決まりの攻撃も。笑 どこも一緒ですね。   食事の合間には子供たちとカードゲーム。 夜は大人のサイコロゲーム。4つのサイコロを振って、親が出した数字より大きい数字がでたら勝ち。でも、出してはいけない数字もあったりで、コインを賭けてのゲームに皆で白熱してました!。 家族、親戚との団らんを大切にしている曽さん家。台湾のアットホームなお正月を味わえた貴重な体験でした。ありがとうございました~!!  ...

「観光」2018台北燈節 西門ランタンフェスティバル

旧暦のお正月が過ぎて次のお楽しみと言えば、台湾各地で行われるランタンフェスティバルですね。 大小様々あるようですが、国をあげての台湾ランタンフェスティバル、今年は台湾南部の嘉義にて行われるそうです。でもなかなかそこまでは行けないし、、台北でも楽しめる場所はありますよ!今回は西門エリアのランタンを見てきました。   2018台北燈節のメインテーマは「幸福魔力犬」。三匹の犬が手をつなぎ輪になって、台湾の価値と次世代への継承、そして「全力」で幸福を追い求めるというメッセージが込められているそうです。戌年にもちなんでいるんでしょうね。こちらはMRT西門の出口1、6から出たらすぐに見えます!     メイン通りの中華路沿いには沢山のランタンやライトアップが。   なんだかよく分からないけど(笑)横断歩道橋の上にも。   学生さんが作ったランタンもありました。   北門にも犬のライトアップが!可愛い♡ この他にもまだまだ沢山あります。ぜひぜひ見に行ってみて下さい~!   開催日:2018年2月24日~2018年3月4日 点灯時間:17:30 消灯時間:平日21:30、休日22:30  ...

「体験」癒しの空間で台湾茶体験!小慢Tea Experience

台湾に遊びに来る友達に、どこに行ったらいい?とよく聞かれますが、グルメや観光地以外にお勧めするのは「ぜひ台湾茶を飲んでみて!」。台湾の茶芸館はどこもセンスがよく、個性もはっきりしていて、そのお店で出しているこだわりのお茶や淹れ方も違います。 その中で私がいつもお勧めするのは「小慢Tea Experience」です。 台湾師範大学、師大夜市の近くに「小慢Tea Experience」はあります。一見普通の民家のようですが、横から見るとほら!「小慢」の看板が。なんだか、隠れ家のようですね。     お店はオーナーの謝さんが子供の頃に住んでいた家をリフォームしてお店にされています。謝さんのセンスあふれる商品が優雅に並んでいます。 メニューは日本語もあります。それぞれの茶葉を詳しく説明されているので、じっくり飲んでみたいお茶を探してみましょう。 こちらは白毫烏龍茶。(別名、東方美人茶)(400元) 蜜のように甘くて香りたかいお茶です。茶葉の中に白い毛のようなものがありますが、これはウンカに葉の汁を吸われた証拠!これがあるからこそ甘いお茶になるそうです。   お茶の淹れ方は最初にスタッフの方が教えてくれます。 人数に合わせて、茶葉の量と急須の大きさが決められており、1回の茶葉で5杯前後飲めます。茶筒の中にも、2セット目の茶が入っていますので、合計10杯くらいは飲めます。お友達と話しながら、ゆっくりとお茶を頂く、贅沢な時間ですね。もちろんお一人様用のセットもありますので、一人旅の方もご心配なく! 4種類が入ったお茶菓子もあります。(200元) この日は茶梅、ピーナッツのお菓子、ドライマンゴー、緑豆のお菓子でした。 そしてもう一つおすすめなのは、お茶を飲んだ後にぜひ茶杯(湯飲み)の中の香りを嗅いでください!一見、無作法かと思われるかもしれませんが、台湾茶では飲んだ後の余韻も楽しむ行為の一つです。まだ温かい茶杯からはとてもいい香りがしますよ! お茶も販売されているので、お土産にもいいですね。 癒しの空間で、ゆっくりと台湾茶を味わってみませんか。   小慢Tea Experience 住所:台北市大安區泰順街16巷39號 電話:(02)2365-0017 営業時間:10:00~18:00 定休日:月曜日 クレジット使用可  ...

「食レポ」フレッシュフルーツでリフレッシュ【鳳冰果舖】

台湾の京都ともいえる歴史都市・台南。福原愛選手の結婚後、ますます注目を集めている(気候的にも)ホットな台南で、やっぱり新鮮な南国フルーツが食べたい!グアバにパパイヤ、マンゴー、ドラゴンフルーツ……もちろん市場で丸ごと買えば安いですが、ホテルに持ち帰って切るとなると手間ですし、せっかくなので台南特有のスローな空気に包まれながらのんびり優雅に味わいたいですよね! 今回ご紹介するお店は、大通りから一本入った通りにあるスタイリッシュなフルーツカフェ「鳳冰果舖」。クールビューティーな女性店主さんが切り盛りしています。       ドアノブの上に犬らしき動物が。「拉(引く)」にも遊び心を感じます。   メニューはフルーツシェイク、カットフルーツの盛り合わせ、フルーツかき氷にフルーツビールまで、とことんフルーツ尽くし。   店内にはテーブル席とカウンター席があり、筆者は窓際のカウンター席に座りました。かわいらしい観葉植物や三猿の置物など、店主さんのセンスとこだわりを感じるレイアウトに心和みます。     筆者が注文したのは、「金蕉苺妹(110 TWD)」。いちご、バナナ、ドライクランベリーが入ったフルーツミルクシェイクです。二種類のベリーの甘酸っぱさとバナナの濃厚な味わいに牛乳のまろやかさが加わって、口当たりなめらかかつ後味すっきり。美味しいだけでなく、美容にも良さそうな一杯です。     お店から旧跡「赤嵌楼」まで徒歩1~2分ほど、また台湾B級グルメのお店で賑わう「水仙宮市場」や、かつての繁華街が芸術区として生まれ変わった「海安路芸術造街」、「神農街」へのアクセスも良好です。店内奥の書棚には台南関連の書籍や台湾グルメ紀行など「旅」と「食」に関する本がたくさん置かれているので、新鮮なフルーツで涼をとりつつ旅行のスケジュールを立てるのも良さそうですね。         店舗情報 店名:鳳冰果舖 住所:台南市中西區新美街183號 電話番号:0911 686 713 営業時間:11:00~19:00(火定休) Facebook:https://m.facebook.com/feng.icefruit/     取材・執筆:Mayuko...

「お仕事」オフィスのお昼時 冷たいお弁当なんてありえない!?

今回は台湾のオフィスのお昼時をご紹介します!   私が勤める会社のお昼休憩は12時から13時半までです。これは台湾の会社でも長いお昼休憩だと言えるでしょう。1時間半もあれば、昼食以外にも自分の用事を済ませる事もできますし、疲れたからマッサージに行ってくるという同僚もいます。 でも、何と言っても特徴はお昼寝タイムがあることではないでしょうか。 みんな昼食の後は思い思いのブランケットやまくらを使って自分の机の上で、寝始めます。   最初はこの習慣に驚きましたが、昼食後に数十分のお昼寝をするのは良いと言われているように、寝ないで午後からの仕事をするより、ちょっと元気な気がします。 日本ではお昼寝は幼稚園の頃しかありませんが、台湾では小学校、中学校、高校になってもその時間があるようで、会社でお昼寝タイムがあるところも少なくないそうです。   では昼食はというと。。 外で昼食をとる人もいれば、お弁当を持ってくる人もいます。そのお弁当ですが、日本と大きく違うのは台湾人は冷たいお弁当は食べないんです! 聞くところによると、台湾料理は油っぽいものが多いので冷たくなるとおいしくなくなるという理由があるようです。   では、お弁当をレンジで温めているのかというと、レンジもありますが「蒸飯箱」という蒸し器のような電化製品があるんです!   朝お弁当を持ってきたら、まずお弁当をこの蒸飯箱に入れます。 蒸飯箱の温度設定は約80度。熱に耐えれるようにお弁当箱はステンレス製です。   お昼頃には丁度いい温かさになっています。 台湾の学校には各教室にこの蒸飯箱が設置されているので、子供の頃からお弁当は温かいのが当たり前と思われているようですね。 ある日のお弁当。私もお弁当箱を使ってみました!じんわり優しい暖かさです。 日本に留学をした事のある同僚は、日本のお弁当は冷たいからびっくりしたと言っていました。でも冷めても美味しく感じられるよう工夫がしてあるのが日本だとも。 料理が違うように、それを詰めるお弁当の習慣も違うようですね。...

「その他」人気エリアの穴場スペース【設計寓】

中山地下街の地上、細長い公園沿いにカフェや雑貨屋さんが軒を連ねるこのエリアで見つけた、デザイナーズレンタルスペース「設計寓」。 デザイナーさんが集中して作業に取り組むことができるように、と設計されたスペース。もちろんデザイナーさんに限らず、どなたでも利用可能です。台北当代芸術館付近のアーティスティックな雰囲気漂う中山エリアならではのレンタルスペースですね。 貸切サービスもあるので、ワークショップや会議などに利用することもできます。今回筆者は言語交換のために利用させていただきました。   無料のドリンクサーバーがあるほか、追加料金で軽食メニューも注文できます。また食べ物の持ち込みOKなので、外のお店でテイクアウトしたお弁当などを持参してこちらで食べることも可能です。   無料ドリンクの内容は、コーヒー、紅茶、フレーバーアイスティーなど。   手描きポストカードの販売スペース。   雑貨販売スペース。   懐かしい駄菓子とプチプラぶたさん貯金箱。   所狭しと並べられたフィギュアたち。なんだか迫力があります。   本もたくさん。   二週連続平日夜に訪れましたが、利用者は筆者たちのほか一組か二組程度だったので、静かでゆったりとした時間を過ごすことができました!観光中のひと休みやスケジュールの打ち合わせ、テイクアウトしたご飯を食べる場所に困ったときなどにも最適ですよ。     店舗情報 店名:設計寓 住所:台北市長安西路19巷2弄7號3樓(最寄駅:MRT中山駅) 電話番号:0225110968(台湾) 利用料金:1時間目NT$ 60、2時間目以降1分×NT$ 1 営業時間:火~日 10:00~22:00(月定休) Facebook:https://www.facebook.com/desigenerroom/     取材・執筆:Mayuko...

「食レポ」日々の食卓を彩るバターの香り【奶油麵包】

  台北駅から台鉄特急列車で約一時間半、宜蘭県最北端に位置する頭城鎮を訪れました。周りを海と山に囲まれ、素朴でどこか懐かしい雰囲気に包まれたこののどかな町は、実は宜蘭県の中で最初に開発が進んだ地域でもあります。   台鉄頭城駅外観     台鉄頭城駅を降りて老街(古い町並み)に向かう途中、ふと目に飛び込んできた「奶油麵包(バターブレッド)」の看板。緑色の軒とウッディな店構え、そして何よりその店名に心惹かれ、迷わず入店しました。   店舗外観。「本日のメニュー」などの書かれたボードが設置されています。     ドアを開けた瞬間にふわりと鼻をくすぐる焼きたてパンの芳醇な香りに、思わず顔が緩みます。木の温もり溢れる店内の手前にはテイクアウト用のパンが並ぶテーブルと雑貨販売スペースがあり、中央がイートインスペース、奥に会計カウンターとケーキのショーケース、厨房という配置になっています。 キョロキョロと店内を見回していると、厨房から「歡迎光臨(いらっしゃいませ)」と明るい声が聞こえ、視線を向けた先に現れたのは、意外にも欧米系の顔をしたお兄さん、もといニュージーランド出身のダニエルさん。英語、中国語に堪能で、日本語も少し話せるというダニエルさんに、「お好きな席にどうぞ」と案内され、四人で訪れた筆者たちは、靴を脱いで座る広めの席を選びました。     店内カウンター。       豊富なメニュー。ドリンクメニューはフードメニューの裏にあります。     ショーケースに並ぶ美しいケーキたちに思わず目が釘付け。     迷いに迷って注文したのは、「中東佛拉佛堡(ファラフェルサンドイッチ)」。自家製ファラフェル、ピクルス、生野菜、アボカドソースを、味わい豊かなミックスシードブレッドでサンドした、ヘルシーながらもボリューム満点のサンドイッチです。こちらは動物性食品不使用なので、ヴィーガンの方も召し上がれます。 パンは噛み応えのあるハードタイプで、表面にふんだんにちりばめられたミックスシードと中から溢れんばかりの具が、絶妙なバランスでマッチ。ビッグサイズですが、食べ切れなかった分はテイクアウトすることもできます(ちなみに筆者はペロリと平らげました)。 友人が注文したミネストローネスープがあまりにも美味しそうだったので、こちらも追加オーダー。トマト、にんじん、たまねぎなどの野菜がごろごろ入った具沢山のスープに、自家製パンがトッピングされています。     サンドイッチの断面はこんな感じ。   スープもつけて栄養満点。     食事の後、ダニエルさんにお店についてお話を伺いました。 お店の正式名称は「奶油麵包 The Bread & Butter Bakery」で、今年6月にオープンしたばかりだそう。店名の由来を訊ねると、次のように答えてくれました。「欧米人にとって、毎日の食卓に欠かせないパンとパンを作るためのバターは、生活の必需品。つまり、『生きる糧』という意味です」 パンを作っているのはダニエルさんのガールフレンド、黃乃容さん。「奶油(バター)」は、実は黃さんのニックネームでもあります。欧米人の生活にバターが必要不可欠であるのと同じように、黄さんはダニエルさんにとってかけがえのない存在。……ひょっとすると、店名にはそんなロマンチックな意味も込められているかもしれません。   器などの販売スペース。ラインナップが渋い。   石からできた石みたいな石鹸。 石鹸くん「石鹸だよ。手を洗うのに使ってね」   Facebookページにチェックインすると、クッキーがもらえます!         近所にあったら通いたい、温かくてカジュアルなお店です。定休日が多いのでややハードル高めですが、宜蘭に訪れる機会があればぜひ立ち寄ってみてくださいね。     店舗情報 店名:奶油麵包 The Bread & Butter Bakery 住所:宜蘭縣頭城鎮民峰路6-5號 電話番号:039772029(台湾) 営業時間:土~火 9:00~21:00(水・木・金定休) HP:https://bread-butter-bakery.blogspot.tw/   取材・執筆:Mayuko...

『台湾攻略』桃園空港捷運線の神秘なる姿を覗く,先取り速報!

桃園空港捷運線 市区と桃園空港をつなぐ捷運線は20年の月日を経て,ようやく開通します! 桃園大眾捷運股份有限公司が経営と補修を担う桃園空港捷運線, 国家の大門を担う台湾桃園国際空港的延長として,空港とお客様の安全、便利、快適さ、高い水準のサービスを提供するほか,沿線の様々な景観、そして駅の建築物は旅客にそれまでの城市と違った記憶と印象を与えます。 桃園大衆捷運_桃園機場懶人包-你來搭我來答(youtube) (資料、写真提供:桃園大衆捷運股份有限公司_オフィシャルサイト) ついに開通しました! 1月25日,交通部長賀陳旦は「桃園空港捷運運転営業許可」なる文書を桃園市長鄭文燦に渡しました。 公布は2月2日後,起動は1か月二回の試運転を経てからの予定案です。 一回目はグループ試乗の,二回目は自由試乗の段階を踏み, 並びに3月2日正式に一通り運転をし,初めの月のチケットは半額のサービスを,4月2日から元の値段に戻ります。 (資料、写真:桃園大衆捷運股份有限公司_オフィシャルサイト) 試運転情報 二回に分けて行う「桃園機場捷運」 以下はその詳細情報です。 ● 2017.2.2 ~ 2.15 グループ試乗(路線、駅に制限あり) 搭乗時間:08:00am~16:00pm 特定のグループに限り,一グループごとに40人,上限は2万人 A1、A3、A8、A10、A18、A21,にとまり、空港のターミナルにはとまりません。お荷物のお預かりと予約はできません。 ●...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial