Author:TOMOじゃん

  • Sort Blog:
  • All
  • おすすめ
  • エンターテイメント
  • ビデオ
  • 台湾ライフ
  • 旅行

「台日ニュース」第四回台湾アニカップに新北市が参戦 台日短編アニメ10作品PK戦

新北市政府文化局、国立台湾芸術大学および台湾未来映像発展協会が共催する「第4回台湾アニカップ」の除幕式が10月27日に府中15新北市動画館で賑やかに開催され、続く10月28日には国立台湾芸術大学でアニメコンテストが行われました。台、日短編アニメ10作品がPK戦方式で放映され、来場者の拍手によって勝負が決まります。最後は日本チームが優勝を獲得し、大成功のうちに幕を閉じました! 開幕当日、新北市文化局の于玟副局長、台湾アニカップ企画人の林瑋倫氏、国立台湾芸術大学マルチメディア・アニメ芸術学系主任の張維忠氏、台湾バー企画人の謝振豪氏、日本アニカップ企画人の鎌田優氏、「KYOTO VIDEO PARY」のキュレーター・由良泰人氏、新千歳空港国際アニメーション映画祭執行委員長の小出正志氏、有名なアニメプロダクション魚雷映蔵の代表取締役・佐野リヨウタ氏、および日本チームアニメ監督の若井麻奈美氏といった豪華ゲストが一堂に会しました。 于玟副局長:皆さんと一緒に第4回台湾アニカップ開催に携われることを嬉しく思います。台北市文化局と府中15新北市動画物語館は、アニメの聖地としてアニメ業界を活気づけ、台湾人クリエイターを力強く応援します。 林瑋倫氏:過去4回までのアニカップ放映ツアー開催数は300回以上、累計来場者数は8万人を超えています!一アニメコンテストとして、クリエイターと観衆、クリエイター同士、国と国とが更に交流を深め、互いに刺激し合えるような場を提供し、皆さんの創作エネルギーの交換に繋がることを期待しています。 鐮田優氏:今年度はすでに台湾、日本、韓国で開催されています!国と国との距離は遠くても、アニメを通して、心の距離は縮まります! 今年度日本チームの参加作品は、岩井麻奈美監督「ひとりぼっちのヒーロー」、田中哲郎監督「補習」、谷耀介監督「堀川出水入る」、uwabami監督「ボンとハレトモ」、百舌谷監督「夜明け前のレゾナンス」の5作品です。筋金入りのアニメ大国・日本に対して、台湾チームも引けを取りません。李玟瑾監督「懂了嗎?恩(Understand? Understood)」、王意姍監督「RETOUCH」、蔡辰郁監督「鮮蔬香烤嫩雞佐蜜漬青檸醬(Roast Chicken with Vegetables and Lime Sauce)」、謝牧岑監督「迷宮(THE MAZE)」、林姵瑄監督「鐵汗(Mountain Tricks)」が参戦。結果は三対二で、日本チームが接戦を制しました。 今回もうひとつの目玉イベントとして、制作のクラウドファンディングで1000万円を達成した萌えアニメ「地下鉄に乗るっ」が放映されました。また、魚雷映蔵の佐野リヨウタ代表取締役による「京都で流行りの地下鉄アニメがいかにして予想金額の10倍をも超えるクラウドファンディングを獲得したか」、KYOTO VIDEO PARYインキュレーター・由良泰人氏による「アニメ個展のアーティスト分析」、台湾バー企画人・謝振豪氏による「ニューメディアから知的財産権を取り戻す」といった数々のハイレベルな国際シンポジウムが開かれ、100人を超える来場者が、台日間のアニメ産業の違いについて、相互に理解を深め合いました。 イベント期間中に開催された「子供3D CGワークショップ」には、2日間で200人近くに上る子供たちが参加し、制作と参加型学習を通じて、3Dアニメに対する知識と興味を深めていました。 台湾アニカップに集まった大勢のアニメファンが、拍手をもって台湾アニメ業界にエールを送りました。 林瑋倫:アニメ教育を推進するために、全作品の台湾全島放映ツアーを開催します。アニメファンの皆さん、放映会に奮ってご参加ください。 〈第4回台湾アニカップ〉 ●主催:新北市政府文化局、国立台湾芸術大学、台湾未来映像発展協会 ●共催:未來電影日、府中15新北市動画物語館、国立台湾芸術大学アニメ芸術学系、株式会社DoGA ●提携:有樂創意設計、龍宏印刷、MOZI莫仔桌遊 ●協賛:THE ALLEY鹿角巷、威卡洛斯創意行銷事務所、億達文化、迎光社 ●協力:FLiPER、Studio 2 Talk、LIVEhouse.in、U-ACG、Animapp ●後援:新北市政府、京都市政府 KYOTO CMEX...

「台日ニュース」2017東京台湾未来映画週間 Taiwan Future Short Film Week in TOKYO

2017年台湾未来映画週間 台湾の映像文化の魅力を世界に発信! 「愛」、「青春無敵」、「動画狂想」、「生命探索」4つのテーマに分けられた35本の作品が東京で上映された。 『2017東京台湾未来映画週間』は、10月22日東京の「台北駐日経済文化代表処台湾文化センター」にて盛大に開幕した。10月22日、23日の二日間の放映だけでなく、監督との座談会や交流パーティー等様々なイベントが行われた。「台北駐日経済文化代表処台湾文化センター」 朱 文清センター長や「台湾映像発展協会」 林 瑋倫会長もイベントにご出席された。また、「フォルモサ国際映画祭フェスティバル」ディレクター 洪 馬克監督、「フランスサンダンス映画祭」プロデューサー 夏原 健プロデューサー、映画『幻境綺想』林 學寬監督、そして、映画『潮汐』李 彥勳監督を交えて座談会も行われた。また、台湾文化に興味を持つ各国の映画ファンも集まり会場を盛り上げた。 「台北駐日経済文化代表処台湾文化センター」 朱 文清センター長は「最近は台湾の漫画やアニメ、映画などが徐々に世界各地に広まり、特に日本にも広まって非常に嬉しく思う。日台の相互理解がより深まって欲しい。」と、コメントした。 「台湾映像発展協会」 林 瑋倫会長によると、「映画祭の開催を通して皆さんに台湾の文化を知っていただけたらと思う。東京台湾未来映画週間は今年で二回目の開催になる。今回も35本の台湾の優れた短編映画とアニメをおすすめした。台湾と日本は海を挟んでいるけれど永遠につながっている。たとえお互いに何かが起きたとしても、お互いに助け合うことができる。また、映画を通して日台間の関係がつながってほしい。」と話す。 「フォルモサ国際映画祭フェスティバル」ディレクター 洪 馬克監督は、「国際映画祭監督からディレクターとして現在に至った最大の理由は台湾の良い映画を海外に広めたいという気持ちから。そのため、現在は60あまりの提携映画祭がある。それは我々が推薦した台湾の作品が全世界60の都市で上映されてことを表している。」と、述べる。 『2017東京台湾未来映画週間』は全部で35本の優れた台湾ショートムービーを厳選し、「愛」、「青春無敵」、「動画狂想」、「生命探索」の4つのテーマに分けて上映した。 映画ファンは映画鑑賞後、様々な質問をして監督と交流を深めた。そしてまた来年も映画祭に参加し、台湾ショートムービーを通して台湾の文化や魅力に触れることに大きな期待を寄せている。 <2017東京台湾映画週間 Taiwan Future Short Film Week in TOKYO> ■開催日時:2017年10月22~23日 ■場所:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター ■主催:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター ■共催:未來電影日、台灣未來影像發展協會、福爾摩沙國際電影節、株式会社TOMOTOMO ■合作:東京国際映画祭2017...

『台南』旅.日.人 日本風民宿

台南ではここ数年で古民家をリフォームした民宿が増えており、台南観光に新たな風をもたらしています。 民宿に限らず、藍晒圖や海安街藝術造街、百貨店なども次々と新装開店を行い、改装がブームとなっています。 台南と日本との繋がりはどこにあるのでしょうか? 台湾らしさに溢れる台南は、美味しい食べ物、伝統的な建築、温かい人柄など、台湾というこの島を代表する都市です。 ところが、台湾色の濃厚なこの土地に、日本の精神をそのまま再現した特殊な民宿があるのです。 「旅.日.人」、日本風民宿。 早稲田での留学経験をもつJackさんが、築50年以上の古民家をリフォームした、特色ある民宿です。 広い交流スペース 民宿のロビーに入ると、日本建築の「素朴で懐かしい」雰囲気が感じられます。清潔で、ほこりひとつありません。宿泊客はこのスペースを自由に使うことができます。座布団と四角いちゃぶ台も大変日本らしいですよね! メッセージボード。自由にメッセージを残すことができます。 宿泊客どうしが自由に交流できるよう、客室にはメッセージ記入用紙が置いてあります。メッセージボードに貼ってあるたくさんのメッセージや写真から、みなさんの楽しい気持ちが伝わってきます! 日本が好きな人はぜひ書籍コーナーへ 交流スペースには日本関連の書籍が各種(旅行、飲食、生活など)置いてあります。もちろん「旅.日.人」を紹介している雑誌もあります。笑 宿泊すれば浴衣が選べる! 特殊ポイントのひとつ! 浴衣から草履まで、自分で好きなものを選ぶことができます。浴衣を着て街で台南の軽食を食べ歩きしたり、風情ある撮影スポットで「台日折衷」の写真を撮って記念にしたりするのもいいですよ。 日本の精神をさまざまなかたちで宿泊客に伝えようとしています。 清潔で素朴な和式2人部屋「愛あい」 客室は「愛」、「酒」、「金」、「旅」の4タイプに分かれています。またフローリング部屋と畳部屋の2タイプから選ぶことができます。どんな日本生活を体験したいかで選んでくださいね! 「旅.日.人」は1部屋の予約からフロア貸切や民宿まるごと貸切のプランも提供しています。家族や友達と一緒にお越しください。 客室/価格 客室の片隅 和風扇子、木製の椅子。飲料水のほか、ティーバッグやコーヒーも無料提供です。さらに「セルフペイメント式ドリンクサービス」(ボックスにお金を入れて飲み物を持っていくシステム)もあり、外へ飲み物を買いに行きたくないときに便利です。 日本住宅を模したトイレ トイレは日本とまったく同じ設計で、日本に住んだことがある人はきっと思わず笑みがこぼれるでしょう。台湾なので、日本の狭いトイレと比べてかなり広めです。 客室の写真をもう一枚 部屋はとても広く、Wi-Fiやテレビ、電源といった設備も完備されています。素朴ながら何でも揃っていますよ! 宿泊の際はマナーを守ってください 日本風民宿に宿泊する以上、日本人の礼儀とマナーを守らなければいけません!笑 環境、雰囲気ともに完璧に再現されているので、部屋に入れば自然と声も動作も静かになるでしょう。 台湾でも日本らしさの感じられる場所に泊まってみたいという人は、「旅.日.人」へ! ここでは単なる日本風生活にとどまらず、「日本の精神」まで感じ取ることができます。 『店舗情報』 店舗名:旅.日.人 日式民宿 住所:臺南市中西區民族路二段57巷9號 交通手段:高鉄…台南高鉄駅から台鉄「沙崙線」に乗り換え、台南駅で下車。所要時間約20分。/台鉄…台南駅から徒歩約5分。 予算:1泊1580新台湾ドル~ 筆者評価:★★★★(★1~5段階評価) 電話番号:(+886) 06-222-0859 ホームページ:http://tabinibito.com/ ファンページ:https://www.facebook.com/tabinibito/  ...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial