「食レポ」台北信義区★大方冰品 「穴場かき氷屋」で、ビッグサイズのマンゴーかき氷を!!

夏になると冷たいかき氷を食べるというのが

台湾の恒例行事。

日本から来た観光客の方々も、必ずマンゴーかき氷ラブを食べますよね?

でも有名店はどこも大行列。

 

本日は、「地元民に愛さているお店」で比較的入りやすい、

穴場かき氷店乙女のトキメキをご紹介~。

 

 

MRT象山駅から徒歩で約15分ほどの場所にある

「大方冰品」は、

オレンジ色の目立つ看板ですぐに見つけることができます。

 

店内は40席ほどの大きさで、とてもきれいにされています。

 

こちらのお店扱っているメニューはローカルなかき氷、

「刨冰」(バオビィン)のほかに、

「豆花」、「プリン」、「仙草」、「薏仁湯」、「綠豆湯」など、種類も豊富で

どれも食べてみたい台湾スイーツです。

まず、レジで注文を行い、

先にお支払いを済ませるという仕組みです。

(その場ですぐに作ってくれます。)

まず必ず注文したいのが、

 

夏限定の芒果牛奶冰(マンゴーかき氷120元)

 

店員さんが大きなスプーンでどんどんマンゴーを盛り、

あふれるほどのマンゴーが上にのせられましたラブ

 

お店の名前「大方(太っ腹)」の通り、3人分はある大きさです。

 

マンゴーソースがかけられており、「黒糖ソース」も

追加でかけてくれます。(プラス料金無しチョキ

マンゴーもいいけど、「刨冰」(50元 ローカルかき氷)も

安くてとってもおいしいんです。

 

こちらは4種類のトッピングを選ぶことができます

トッピングの種類はとっても多いので、迷ってしまいます。

※写真に入らなかったトッピングもまだあります。。ごめんなさい。

 

ちなみにおすすめはこちら↓

 

★粉圓(フェンユェン 黒タピオカ)

★芋圓(ユーユエン タロイモでできたモチモチな団子

★粉粿(オァグイ ジャガイモの粉を使ったモチモチスイーツ)

★花生(ホァシェン ピーナッツ)

こちらもほかの店ではみたことのないビッグサイズ!

コストパフォーマンスが高いお店だとおもいますチューリップ紫チューリップピンク

 

このお店、テイクアウトも可能となります。

テイクアウトの時は注文の際に、

「外代(ワイダイ)」と言ってくださいね★

 

大方冰品

住所:台北市信義區信義路六段99號
電話:02 – 2726-0558
アクセス:MRT象山駅より徒歩15分

営業時間:11:00 ~23:00

SaSa

SaSa

sachiko83122.sw@gmail.com

SASAです。 出身は北海道。 大学卒業後、旅行会社で営業をしていましたが、 どうしても行きたかった台湾台北へ27歳の時に留学。 もともと1年で帰る予定でしたが、 仕事が見つかり、すでに6年が経過中。 北から来た白熊のため、いまだに毎年夏バテしております 好きなことは、旅行、カフェめぐり、台湾パワースポットめぐりです。 現地の台湾情報をたくさん紹介、UPしていきたいと思うので、ぜひよろしくお願いいたします!


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial